自粛推奨中に旅行に行きたい心理!スピリチュアル

・自粛推奨中に旅行に行きたい心理!スピリチュアル

自粛推奨中に旅行に行きたい心理 ~スピリチュアルな視点から~

新型コロナウイルスの感染拡大により、政府は外出自粛を推奨しています。そのため、旅行に出かけることをためらう人も多いでしょう。しかし、中には自粛推奨中でも旅行に行きたいと感じる人もいます。

スピリチュアルな視点から見ると、自粛推奨中に旅行に行きたい心理には、以下の3つの理由が考えられます。

  1. 新しい体験を求める

自粛生活が続くと、日常生活に刺激がなくなり、マンネリ化してしまうことがあります。そんなとき、旅行は新しい体験を得る絶好の機会となります。新しい場所や文化に触れることで、心身ともにリフレッシュし、新たな自分を発見することができます。

  1. 自分を解放したい

自粛生活では、行動が制限され、自由に自分を表現することが難しくなります。そんなとき、旅行は自分を解放するチャンスとなります。普段はできないようなアクティビティを楽しんだり、自分だけの時間を過ごしたりすることで、心の奥底に秘めた感情を解放することができます。

  1. スピリチュアルな成長を求める

旅行は、自分自身や世界を見つめ直すきっかけにもなります。新しい場所で出会う人や体験を通して、自分の価値観や生き方について考えを深めることができます。また、自然や神秘的な場所に触れることで、スピリチュアルな成長を促すこともあります。

もちろん、自粛推奨中に旅行に行くことは、感染リスクを伴います。そのため、十分な感染対策を行った上で、慎重に判断することが大切です。

以下に、自粛推奨中に旅行に行く際に気をつけたいポイントをまとめます。

  • 感染リスクの高い場所やイベントは避ける
  • マスクや手洗いなどの感染対策を徹底する
  • 体調が悪い場合は、無理に旅行に行かない

また、旅行先では、現地のルールやマナーを守ることも大切です。そうすることで、自分だけでなく、周囲の人々を守ることにもつながります。

自粛推奨中に旅行に行きたいと感じるときは、自分の心理状態や目的をよく考えて、慎重に判断しましょう。googleのAI bardに尋ねました(by google AI bard)

・|自粛|旅行|心理|スピリチュアル|(主.キーワード関連記事)

自粛推奨中に旅行に行きたい心理!スピリチュアル

320-50-18

nandemoii.com

自粛推奨中に旅行に行きたい心理は、スピリチュアルから見た話として、過去に少し触れさせていただきました。つい最近、もしかするとこの「心理」もあるのでもないかと言う思いが現れまして、それも、加えて再び似た様な話をさせていただきます。

この原因は、このブログで何度も話をさせていただいている「ストレス」と「霊格」の話が大きく関わっています。

まず先に「ストレス」について、心理学者「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからず、そこには「快感」が生じるものであり、人は「快感」を求める生き物として、それを「快感原則」と提言されました。

極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば、強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることもできるでしょう。

『自粛』推奨中に『旅行』に行きたい『心理』!『スピリチュアル』

『自粛』推奨中に『旅行』に行きたい『心理』!『スピリチュアル』

「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり、命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのです。

「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し「攻撃」もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり「心身にエネルギー」も現れやすくなります。

このエネルギーが、悪い意味で働き「誹謗中傷」「虐待」「夫婦喧嘩」などとして現れやすく、心的エネルギーの消費を求め、存在感(快感)を求め「自粛」推奨中に「旅行」に行きたくなる「心理」も現れやすくなる話です。

ただし、全員が全員、そう現れるとも限らず、それには「霊格」の違いが大きく関わっています。

「魂の成長」、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である霊格の成長も同じく、心からの一つ一つの気づきです。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」と、逆に、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心を満たすよりも自分の心を満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の「気づき」が少ない分、物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も難しい話ではなく、精神的な意味で「自己中心的な子供」です。

「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く感じやすくなるため、ストレスも現れやすく「自粛」推奨中であったとしても、周りを気にせずに、自分の欲求を満たす行動として、旅行に行くいたい気持ちも現れやすくあります。

この話は、過去にさせていただいた話です。

スポンサー

 

自粛推奨中に旅行に行きたい、隠された承認の欲求、スピリチュアル

320-50-18

『自粛』推奨中に『旅行』に行きたい、隠された承認の欲求、『スピリチュアル』

『自粛』推奨中に『旅行』に行きたい、隠された承認の欲求、『スピリチュアル』

「自粛」推奨中に「旅行」に行きたい、隠された「承認の欲求」として「スピリチュアル」から見ると、もしかするとこの「心理」もあるかもしれません。

私は、「沖縄」在住の身でありますが、去年、「自粛」推奨中であり「沖縄」で「コロナ」が広がりつつある中で、内地(日本本土)からの「旅行」者がいました。

インタビューの話があり、チケットを購入したから、もったいないと思い「沖縄」に来た話をされている女性の方の話がありました。

「霊格が低い」事はもちろんのこと、それだけでは無いかもしれません。

このブログではこの話も何度もさせていただいていますが「男性心理」と「女性心理」の違いについて、男性は意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのです。

男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい両方の気持ちが現れやすくなります。

女性は、意識されたいために自分の「価値」を高めたい気持ちも男性以上に現れやすく、男性と比べると自分自身の「価値」に意識も高まりやすくなるのです。

この話について、「男尊女卑」だと言われる可能性もありますが、女性は、「霊格」が高まれば、精神的に「大人」となり、意識されたい気持ちが弱まりまして「母性」と「愛」の精神に目覚めやすくなります。この精神は、「子育て」に必要な力になるためです。

「霊格」が低ければ低いほど、この「男性心理」と「女性心理」の特徴が強く現れやすくなります。

特に女性の方、自分自身の「価値」を高めたい気持ち、女性は、男性と比べると、同性にも意識が高まりやすくなるのです。なぜならば、他の同性の方が意識される対象であれば、自分自身の方が意識されない「価値」の薄い女性だと感じる気持ちも強く感じやすくなるためです。

全員とは言い切れませんが「自粛」推奨中に「旅行」に行きたい「心理、特別な人間としての「優越感」、普通の人とは違う存在としての「優越感」、そこに強い「快感(存在感)」まるで麻薬の様な「快感(存在感)」が強く現れてる人もいらっしゃるかもしれません。

私の小学時代、同級生に、スーパーの商品を万引きする同級生がいました。大人になってから考えている中で、大人にはできないことを成し遂げる「存在感」が現れやすくなる中で、「スリル(強い快感)」を味わっていたのだと「気づき」ました。

全員とは言い切れませんが「自粛」推奨中に旅行に行きたい「心理」の中には、この置かれている環境中での「スリル」を味わい、強い「存在感」を味わいたい人も一定数いらっしゃるでしょう。

スポンサー

 

旅行に行きたい心理、霊格が低い人は抹殺される、スピリチュアル

320-50-18

『旅行』に行きたい『心理』、『霊格が低い人』は抹殺される、『スピリチュアル』

『旅行』に行きたい『心理』、『霊格が低い人』は抹殺される、『スピリチュアル』

「旅行」に行きたい「心理」から読み解く「霊格が低い」人は、抹殺される可能性が「スピリチュアル」の話から見えてきます。

この話は、「陰陽」による話ではありますが、最も、エネルギーが高まるのは、正午と言う漢字でも扱われてる様に、午年です。太陽は、徐々に欠けてくるものでありまして、まるで腐った枝を切り落とすように、次の干支である未年に現れやすくなるエネルギーでもあります。

この力は、干支の年に現れやすくなりますが、他の年に対し、何も全く現れない話でもありません。

過去に、次の日に大雨が降ると言うことを天気予報で伝えていたにも関わらず、ある若い人々のグループが、川の中洲で、バーベキューをしていたという話がありました。

そして、水かさが増して、取り残され、消防やヘリコプターで救助されたのです。そしてそのグループが、救助した人々に対し、なぜ早く助けなかった!!!と怒鳴ったり、近所の人々が用意をしていたおにぎりを食べ、「まずい」!!!と言って捨ててしまったのです。

この話が、社会に知れ渡って、社会から若者に対し大きくバッシングを受けていた出来事でもありました。確か、赤ちゃんが一人、亡くなった話だったと思われます。

まさに、この若者は、「霊格が低い」若者でもあったことでもあるでしょう。この若者と同じ「霊格が低い」人々もいらっしゃる事でもあるでしょう。

ちなみに、この話は、「霊格が低い」人が、必ず抹殺される話ではなく、社会に弊害を与える「霊格が低い」人の話です。

「霊格が低い」人の中には、致し方がなくその状況に陥っている方もいまして、苦しみの中にいる人ももちろんいます。ただ、この様な方は、苦しみから「気づき」を得る力も芽生えやすく、同じ「霊格が低い」話でも、違った話になります。

来月にゴールデンウィークが始まりますが「霊格が低い」中で「旅行」に行きたい人が現れる可能性も高く、その様な目線(霊格が低い)で見てみるのも、「気づき」を得る内容としてお勧めかもしれません。

私の話についてあくまでも一般論であり、個別の内容は個別の環境によって話が変わってくるものでありまして、お悩みを抱えている方は、電話占いに所属されている霊視の力を持つ先生に相談されると良いでしょう。

私と違ったアドバイスを別の角度から伺うことによって、新たな視点や新たな考えが現れてくるかもしれません。

私は、過去に霊感占い師として人の相談に応じていましたが、現役で活躍されている先生方は、より多くの相談内容に応じているものであり、私よりも質の高い話を伺うことも可能として挙げられます。

 

電話占いの霊視鑑定が当たる仕組みと理由とは!?

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

ディスティニー

ディスティニー

●お勧めは、電話占いサイトのディスティニー

スピリチュアルの中で、現在、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。ディスティニ―は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いでしょう。

口コミでも人気が高いのが、江原啓之さんの様な守護霊対話能力を持つローズ先生、上之嬢先生、美鳳先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

ただ、相談内容によっては、必ず適しているとも言い切れず、プロフィールや得意分野などをチェックし、相談内容に適応する先生に相談されるのも大切です。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

先生方への相談希望、電話占いサイト ディスティニ― へはこちらのリンクから

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

 

 

スピリチュアル お勧め!記事

 

⇒ 「イライラ スピリチュアル」 ・「霊視 嘘」 ・「守護霊がいない」 ・「子供の中絶 スピリチュアル」 ・「緊急事態宣言 スピリチュアル」 ・「夫婦喧嘩 離婚

スポンサー

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

スピリチュアル 関連記事!外部サイト

 

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ 「霊感がある人の共通点!霊感がある人は?

⇒ 「江原啓之さん!コロナ終息は先!意味は?

⇒ 「毒親の特徴!チェック!毒親が多い?

⇒ 「人間関係のストレス!原因は?増えている?

⇒ 「スピリチュアルメッセージの能力の開花

 

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒ 「金縛り 体験

 

 

* 霊視 参考記事 ⇒「何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ 「神奈川 当たる 霊視 」 ・「千葉 当たる 霊視 」 ・「京都 当たる 霊視」 ・「香川 当たる 霊視」 ・「沖縄 当たる 霊視