スピリチュアル7[2021年版]

「チャネリング」によって、情報を配信!今!人気のスピリチュアル情報!!!「霊視」「スピリチュアル」「霊感」「占い」「霊格」「守護霊対話」「電話占い」「沖縄のユタ」「恋愛」「婚活」「人間関係」「子育て」「結婚」「浮気」「嫁姑」などなど・・・

対人恐怖症の心理!スピリチュアル

対人恐怖症」/「スピリチュアル(主.キーワード関連記事)

『対人恐怖症』の心理!『スピリチュアル』

『対人恐怖症』の心理!『スピリチュアル』から見た話は、多くの方が、この「心理」についてご存じではなく、実際に苦しんでいる人に対し、それほど関心が高い訳でもないでしょう。

Yahoo!ニュースなどには、「生活保護者」に対して、働く気がない、仕事を見つける気がないなどのコメントなども割と多く、「引きこもり」の人に対して、勇気がない、努力が足りないなどのコメントもあり、コメントを書き残した人は、書き残した時点で一瞬の内容でもありますが、「心的外傷ストレス障害PTSD)」に繋がる「対人恐怖症」を患っている人は、常に生活の中で苦しんでいる状況でもあります。

私個人からすると、人々が思っている以上に、現在、「対人恐怖症」も増えている可能性があり、特に若い世代で、「スピリチュアル」から見ると増えている原因も見えてきます。

『対人恐怖症』の心理!『スピリチュアル』

『対人恐怖症』の心理!『スピリチュアル』

この話を知っていただくために、このブログで何度も話をさせていただいている、「ストレス」について知っていただく必要性もあります。

心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても、睡眠をとるにしても、用を足すにしても、少なからずそこには「快感が」生じるものであり、人は「快感」を求める生き物として、それを「快感原則」と提言されました。

極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば、強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができますよね。

「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の精神と肉体がお互い影響与え合っているものであり、命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのです。

「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し、「攻撃」、もしくは、「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしても、「エネルギー」を必要とするものであり、「心身にエネルギー」も生み出しやすくなります。

一般的な人の反応としては、ここまでが普通の話であり、「対人恐怖症」の心理とは、話も違い、共感や理解など、できない方がほとんどでもあるでしょう。

『対人恐怖症』の心理、最大の『防衛本能』、『スピリチュアル』

『対人恐怖症』の心理、最大の『防衛本能』、『スピリチュアル』

『対人恐怖症』の心理、最大の『防衛本能』、『スピリチュアル』

「対人恐怖症」の心理は、最大の「防衛本能」が働く働きが「スピリチュアル」から見えてきます。

「ストレス反応」として、「攻撃」もしくは「逃避」の選択状態に置かれると話をさせていただきました。

ただし、必ず、どちらかの選択ができるとも限らず、攻撃もすることもできなければ、逃げることもできない状態と言うのもありますよね。

これは、小さなネズミが、近くに、外敵となる様な、猫が近くにいる様なものであり、当たり前として、動いてしまうと、位置がばれてしまうでしょう。

これは、ネズミだけに働く話ではなく、人の「本能」に対しても働く話であり、人はネズミの様な存在から進化してきた話もありまして、誰にでも起きる「防衛本能」でもあるのです。

よくある話としては、体が重たい、朝起きるのが辛い、言葉の覇気がなくなるなどから始まりを見せやすくなります。

人によっては、本能が動きを止めるための足が動かない状態、ただし理性が、動かなければならない状態から本能と理性が葛藤を起こし、「ガタガタ」と足が震えやすい状態になっている人もいらっしゃるでしょう。

また、日中と夜の生活が逆転し、人々が活動していない夜に安心感を覚える気持ちも現れやすく、日中に動くことに強く抵抗感も現れやすくもなります。

刺激は、自分の心に影響与え、体を動かしてしまいかねません。そのため、外部の刺激を鈍らす反応も現れやすく、これも、対人恐怖症から逃げ出す気力を奪う心理として働きやすくなるのです。もちろん、食欲も極端に落ちて来ます。

また、見つからないためには、散らかってる方が見つからないものであり、部屋が散らかってたり、「カモフラージュ」の効果や、刺激を鈍らす目的として、「不潔」になりやすい特徴も現れやすくなります。

対人恐怖症」の心理は、「理性」で動かなければならないと分かっている力と、本能が「体の動きを止める力」として働きやすくなり、その葛藤で心身も疲労しやすく、精神的に苦しむ状況も現れやすくなるのです。

心理学者の「フロイト」の言葉として、人は「快感」を求める生き物だと話をさせていただきました。

対人恐怖症」で、陥っている人の中には、お酒に走ったり、ゲームに逃げたり、する姿も現れやすく、これが、「怠けている」と思われる状態も現われやすくなります。また、社会とのの生活による隔たりも現れやすくなり、「孤立」する状況も現われやすくなるのです。

内閣官房に、「孤独、孤立対策担当室」が設置された話がありまして、「対人恐怖症」による「孤立」も増えていると思われる中、立ち上げなければならない状況に置かれていると言う事は、社会的な問題として広がっている姿も見えて来る物でもないでしょうか。

『対人恐怖症』の心理!『スピリチュアル』、『霊格が低い』日本の社会

『対人恐怖症』の心理!『スピリチュアル』、『霊格が低い』日本の社会

『対人恐怖症』の心理!『スピリチュアル』、『霊格が低い』日本の社会

「対人恐怖症」の心理を抱えている人々が増えている可能性について、「スピリチュアル」から見ると、「霊格が低い」日本の社会が最大の原因だと思われます。

このブログでは、「魂の成長」として、何度も話をさせていただいてまして、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの「気づき」です。

霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心を満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の「気づき」が少ない分、精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく、精神的に言えば、「子供」です。

よくよく考えてみてください。

霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く、その結果「ストレス」も現れやすくなります。

例えば、上司が、「霊格」が低く、「ストレス」を抱えやすい人だったとしましょう。「攻撃」もしくは「逃避」の選択状態におかれ、心身にエネルギーも現れやすくなりますよね。

そしてそのエネルギーが、攻撃として現れ、「霊格の低い」部下に対し、攻撃的な言葉として現れやすくなるでしょう。

霊格が低い」部下も、精神的な意味で存在力が弱いため、強いストレスを受けやすくなり、直接、攻撃もできなければ、逃げることもできないため、最大の「防衛本能」が働き、「対人恐怖症」として現れやすくなるのです。

これも、よくよく考えてみてください。日本の社会、心からの一つ一つの「気づき」に、意識が高くあると思われるでしょうか。

知識の一つ一つの「気づき」のみに、価値を置く傾向もあり、大人も含め、心からの「気づき」に対し意識が高くあるとも思われませんよね。

実際の話、テストの点数が高く、学歴が高くある中で、「コミニケーション能力」が全くなく、企業によっては、「コミニケーション能力」の方を重要視している企業もあるのです。

そもそも、テストの点数が高いのは、既存の知識による話であり、それが、必ず利益を生むとも限らず、会社は組織で成り立っているものであり、使えない人材として現れるのも必然的です。

私からすれば、「霊格が低い」若者が現れるのも、被害者であり、心からの一つ一つの「気づき」を疎かにした「教育の問題」でもあるでしょう。

現在の若者の傾向として、言われた質問に対しては答えることができるが、自ら質問する力が弱まっているとも言われており、社会人の人の中には、思い当たる人も周りにいらっしゃるのではないでしょうか。

「受け身的」に、与えることしか行ってきたものであり、「能動的」な力が働かないのも、当然の話です。

よくよく考えてみてください。「対人恐怖症」から回復するためには、「能動的な力」も必要であり、その力が弱く、苦しんでいる若者も潜在的に増えていると思われます。

「アメーバニュース」で、ある企業の人事担当の人の話として、心が弱い若者が増えている傾向の話もされており、直ぐに辞めてしまう人も増える中、人材確保に頭を抱えている話もされていました。

若者の中には、働く仕事場(社会)に対して、それはまるで、「猛獣がいるサバンナの様な気持ち」「火の中に飛び込む様な心理的作用」として、切り替わっている可能性も考える中、社会にとって、人材を失う、「悪影響も」潜在的に増えている可能性も考えられます。

 

スピリチュアル お勧め!記事

 

⇒ 「子供の中絶 スピリチュアル」 ・「夫婦喧嘩 スピリチュアル」 ・「毒親 スピリチュアル」 ・「霊感が強い芸能人」 ・「コロナ感染 スピリチュアル」 ・「人間関係の法則 スピリチュアル」 ・「守護霊が強い

 

黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール


⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒ 「金縛り スピリチュアル

 

 

* 霊視 参考記事 ⇒「何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

 

都道府県別 当たる?霊視

⇒ 「札幌 霊視 」 ・「仙台 霊視 」 ・「神奈川 霊視」 ・「大阪 霊視」 ・「名古屋 霊視