スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

霊感は訓練や鍛える事が可能なの?可能であるが

霊感は訓練や鍛える事が可能なの?可能であるが

霊感は訓練などで鍛える事が可能かは、不可能ではありません。ただし、いくつかのポイントを押さえておく必要性もあり、このポイントさえ押さえていれば、霊感を訓練などで鍛える事もできます。

この話をする前に、霊感について、どの様に思われているでしょうか。霊感を訓練などで鍛えると思われている人は、特殊な能力としての霊感を考えていますよね。幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、霊感とは心を感じる力でもあるのです。霊感は誰にでも持ち合わせておりまして、心を感じる気持ちに視点を置かなければなりません。

霊感について訓練などで鍛える話については、このブログで何度も話をさせていただいている、この話についても押さえておいた方が良いでしょう。

霊感って訓練や鍛えるは、可能?

霊感って訓練や鍛えるは、可能?

既にご存知かもしれませんが、人の脳は左脳と右脳に分かれています。左脳は、計算や論理的な認識、言葉の組み立てなど、現実世界に適応できやすい能力に長けています。

右脳は、イメージによる認識や、雰囲気、直感、音楽のリズムなど、心に携わる力に長けています。また右脳は、心の世界である霊的な世界と繋がっているとも考えられているのです。そのため、私達の精神は、霊的な世界と、現実世界の中間に位置すると言っても過言ではありません。

一般的に、霊感による訓練や鍛える以外の、ほとんどの多くの内容は、現実世界に適応するための内容がほとんでではないでしょうか。学校の教育も、現実世界により適応する内容であり、左脳を強める内容に価値を置いている傾向もあります。

霊感を訓練などで鍛えるは、心を感じる右脳の働きを高める内容であり、訓練や鍛えるためにはこの認識を持つのも大切です。

霊感を訓練などで鍛える方法として、目を閉じて瞑想する内容がよく紹介されています。目から入る現実的な情報を遮断し、内面に意識を向け、内面と対話することで、自分自身の心の力を高める内容でもあるのです。

ちなみに、瞑想の中には、何も考えない無の瞑想がありますが、これは高度な内容であり、自分自身の心と繋がりが弱い中では、長続きしません。人は生理的に、情報が遮断されると、眠気が現れる場合もあります。また人の精神は、全く刺激を受けないと、精神が不安定になる場合もあるのです。

普段の生活では、刺激を受けながら生活を送っているものであり、違う環境に置かれていると錯覚を起こし、精神が不安定になってしまう場合もあります。都会の方が、田舎に泊まると、あまりにもの静けさで、寝れなくなってしまうのと同じです。

そのため、瞑想を初めて行う場合は、心で会話を始める事から行うと良いでしょう。

霊感の訓練や鍛える方法、具体的な内容とは

具体的に霊感の訓練や鍛える方法

具体的に霊感の訓練や鍛える方法

霊感の訓練や鍛える方法は、心を感じる訓練や鍛える方法だと話をさせていただきました。心の感じ方は、人それぞれですよね。

例えば、客観的な視点で、相手の心について見る感じ方です。ほとんどの多くの方が、この内容だと思われますが、より心を感じるためには、当事者になった気分で心を感じるのも大切です。

例えば、街中で歩く人々、客観的に見るのではなく、自分自身がその人の気持ちに立って感じてみる内容です。

これは、様々な人を対象ともうできるため、例えば、インターネットで見る様々な人もあるのではないでしょうか。より多くの人々の心を対象に、その人の気持ちに立って心を感じれば、心を感じるバリエーションの幅がより高まってくるでしょう。

霊感の訓練や鍛える方法と呼べるかどうか分かりませんが、霊感の強い人の側にいると、霊感が強まりやすくなる話があります。

人々の心の奥底は、全て繋がっていると言われており、人は様々な人の心の影響受けながら生活を送られています。

霊感の強い人は、心を感じる力が強いのみならず、心そのもののエネルギーも強く、周りの人々に影響を与えやすくもあるのです。これを、分かりやすくイメージすれば、暖房に温まっているようなイメージであり、暖房が強ければ、自分自身も暖かくなってくるのと同じです。

人は、霊感の強い状況を日々の生活で現れている

人は、日常でも霊感が強い状況が現れている

人は、日常でも霊感が強い状況が現れている

人は、霊感の強い状況を日々の生活で現れている話について、違うページでも話をさせていただいていますが、少し同じ内容もここで話をさせていただきたいと思います。

人が霊感が強い状況が現れやすい内容の中に、映画やドラマなどを見ている時なども挙げられるのです。軽いトランス状態に入りながら集中力も高まっており、割と、通常よりも人々の心の感情が伝わってくる場合もあるのではないでしょうか。

それをより強めた内容が、霊感の強い状況になります。一般の人は現実世界と、映画やドラマなど別の世界だと判断しているため、現実世界のスイッチが入って元の状態に戻ってしまうのです。映画やドラマなどを見た後は、少し夢から覚めたような感情を感じられる人もいるでしょう。

また人が夢を見ている時は、霊能力者の脳波に近い状況が現れている場合もあり、夢によって霊的な世界からメッセージを伺う話などもあるはずです。

霊感の訓練、鍛える方法として、夢日記をつけるのもお勧めであり、日常で夢日記を見て思い出すと、日常でも霊感に関わる右脳が活発されやすくなるかもしれません。

心は、人のみならず様々な場所にも心があるのではないでしょうか。

例えば自然の産物に目を向ければ、それを創造した人の心も感じられる環境があるはずです。人が作り出したものにも、その人の心から現れたものであり、その人の心を感じられる場合もあるでしょう。

過去の霊能力者のルドルフシュタイナーは、誰にでも霊感を強める事は可能であり、その内容がシュタイナー教育です。

シュタイナー教育には、風になったようなお遊戯などもありまして、理系よりの考えを持つ人からすれば笑われるかもしれませんが、心を感じる意味では価値のある内容でもあります。

霊感の訓練、鍛える方法など、特殊な能力だと思われている人も多く、厳しい内容が必要なのではないかと思われる方も多いでしょう。

そもそも論として、心を感じる意識がない中で、滝行など、荒ら修行を行っても、霊感を鍛える事が出来ないと思われます。

世の中には、プロのスポーツ選手なども含め、体を限界まで苦しめている姿もあり、その様なな方の多くが、霊感が強まった話など聞いた事がないのではないでしょうか。

仏教の修行においても、閉鎖的な中で修行する中で、霊感が強まる話などもそれほど多くはなく、心を感じる環境を必要とする話でもあるのです。

理系よりの考え方をしていた方は、考え方を変える必要性もあり、絵を見ながら頭で理解するのではなく、心で感じる事から始めてみるのもお勧めの1つとして挙げられます。

 

霊感 お勧め!関連記事

spiritual7.hatenablog.com

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com