集合的無意識にアクセス!会話とは

・集合的無意識にアクセス!会話とは

・|集合的無意識|アクセス|会話|(主.キーワード関連記事)

|集合的無意識|に|アクセス|!|会話|とは

|集合的無意識|に|アクセス|!|会話|とは、「スピリチュアル」から見ると少し考えさせられる話として考えさせられます。

つい最近、「無意識」が「意識」を支配している話をさせていただきました。

東大の先生の話として、人が意識するのに0.5秒かかっている話をされていました。例えば、手に触れる者に対し触れた瞬間から意識に伝わるまで0.5秒の時間がかかっているのです。

プロ野球選手のピッチャーは、手から離れてそれを意識してバッターが振るのに間に合いません。

|集合的無意識|に|アクセス|!|会話|とは

|集合的無意識|に|アクセス|!|会話|とは

「無意識」が先に反応し「意識」に伝え、行動として体に伝えている話でもあるのです。プロ野球選手は、「無意識」を鍛えていると話をされていました。

この話について、犯罪者に対し議論されている話がありまして、犯罪者は「意識」的に犯罪を起こしているのではなく、「無意識」の命令、「意識」される事によって犯罪を起こしている可能性があり、これはこれで議論される話として挙げられています。

「集合的無意識」に「アクセス」について、考えた場合、自らの「意識」が「集合的無意識」に「アクセス」をするイメージをされているのではないでしょうか。

ちなみに、「集合的無意識」とは、深層心理学者の「ユング」が提言された考えであり、人には「意識」する「意識」している自分、個人の経験による意識できない「個人的無意識」、更にその多くは人類が共通して持ち合わせている「集合的無意識」と言う考えがあるのです。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|集合的無意識|に|アクセス|会話|とは、その話について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|集合的無意識|に|アクセス|会話|とは、その話について、|スピリチュアル|

|集合的無意識|に|アクセス|会話|とは、その話について、|スピリチュアル|

「集合的無意識」に「アクセス」、「会話」とは、その話について、「スピリチュアル」から見えてくる考えがあります。

私は、高校卒業まで大阪で育ちました。大学進学できるほど裕福な家庭ではなく、高校卒業後の就職を考え、大阪で初めて誕生した情報技術科の学校に通うことを決めたのです。

工業高校であったため、普通校と比べると学校に集まる求人票が数多くあり、1人1社を選んで面接と試験を受けるものでした。

目についた求人票、40人ぐらいの会社であり、これに目が留まりました!!!と言う感覚、間違いない感覚が現れ、試験と面接を受けに行ったのです。

自宅を出たくあったため、京都にも働く現場があり、京都でも良いのか?と言われ、京都でも良いと返事を返しました。

ここでは驚くかのように、試験が終わった後、今から試験の答え合わせをすると言われ、間違ったところは書き換えるように言われたのです。(⌍་д་⌌)・・・

採用が決まりまして、学校から突然、体力のない私に会社から警備員をして欲しい・・・と言われまして、その会社は40人の中小企業ではなく、大企業の警備会社でもありました!!学校の先生からは、もう二度とこのような求人票を学校に寄越さない、3年間我慢しろ!!と言われました。

この3年とは、当時の価値観として3年働かなければ社会人として認められない転職に影響与える考えがあったのです。就職氷河期であったため、致し方なくそれを受け入れたのです・・・。

よく調べなかった私も馬鹿ですが、インターネットなども普及しておらず当時の高校生は就職できればどこでも良い人の集まりでもあったのです。

会社から入社案内の案内が来まして、京都で働こうと思っていたものですが資料を見ると、東京中央支社!!!と書かれていました・・・。

研修が、富士山の麓にある自衛隊基地、自衛隊体験入隊であり、そこで伝えられたのが、東京の渋谷NHK放送センターでもあったのです・・・。

自宅を出たかった理由の一つは、自宅ではNHKしか見せてくれない家庭であり、高校卒業まで芸能人など全く知らず、NHKに対し不満があり、このままでは精神的に殺されると思ったものでもありました。

その自分が、渋谷のNHK放送センターで警備員、偶然では考えられません。高校時代は、東京に憧れていた訳でもありませんでした。

この警備会社は、NHKホールとセンターに分かれていて、仕事の内容が全く違い関わりがほとんどありません。

NHKホールで働く新入社員を決めることに対し、芸能人に触れる事が出来る場所として、興味がある人同士でジャンケンで決めるものであり、北海道から来た興味なさそうな1人と私だけがそのじゃんけんに参加しませんでした。

芸能人に対して全く興味がなく、全く知らなかったものでもあったためです。

休憩中に、たまたま雑誌を拝見していまして、私の名前は両親が沖縄出身の人であり、与那嶺と言います。

その雑誌に、ビクターの当時の社長である与那嶺さんと演歌歌手の長山洋子さんの対談がありました。

大阪では、自分以外の与那嶺と言う人と出会ったことがなく、初めて自分以外の与那嶺さんを知ったのです。

勤務中、目の前で男性の方が、突然、電話で、もしもしビクターの与那嶺ですけどもと言う姿があり、心の中で驚きまして!!!、(雑誌で見た与那嶺さんが目の前に・・・)数分経てばこの状態は終わる、普通の状態に戻ると思って眺めていました。

右側を見ると、ホールで働く先輩がその姿に驚き、目の前に与那嶺が2人いる!!!と強く驚いてるものでもあったのです。

そして、その先輩が、ホールで、直接、その与那嶺さんに話をかけ、多分驚いてたと思いますが、その与那嶺さんも大阪出身でありました。私の存在を知りました・・・。

NHKの現場は、現場によってとても暇がありまして、5分ぐらいだったと思い時計を見ると20分経っており、脳が腐ってしまったのではないかととてつもない恐怖!!!!!!!が現れまして、何でも良いので考えることを始めたのです。

正直な話、この出来事がなければ、今の私は存在せず普通の高卒と同じく頭が悪かったと思われます。絶対的な話ではありませんが、一般的な大卒の人々よりも何かしら考えていたと思います。

NHKでの話は、尽きることがありません。例えば、休憩中、仕事を辞めた同僚の話をしていた中で現場に入った際、遠くからその同僚などが歩いてくる姿があったのです。

人によっては、この話について羨ましく思われる場合もあるかもしれません。

確かに、自ら芸能人に会いに行くのではなく、芸能人が向こうから訪れてくれるものであり、一般の人が経験できないものとして貴重な経験であったのは間違いありません。

ただし、駐車場での現場は、夏は、意識が薄れるほど暑くなる場合もあり、台風や豪雨でも勤務しなければならず、極寒地獄でもあったのです。

24時間勤務が基本であり、それを当務と言いまして、人がいなければ夜勤から入り当務、そして日勤としての8時間勤務などもありました。夜当務日、

仮眠はありますが、人によって時間帯が違い、次の日、残業がなければ、9時寝、深夜の2時起き、そのまま朝の9時まで働きます。残業の日勤があれば、5時寝、9時起きでそのまま8時間、日勤が続くのです。

体と言うのは、慣れるものでありまして、私個人は、NHKを勤務場所(仕事場)と考えず自分の家として考えることに切り替えました。

西玄関の駐車場、それほど広いものではなく、満車になった中で芸能人が訪れると、それを断る、駐車場が空くのを待ってもらうのか、渋谷区役所の駐車場を使ってもらうのか、それがストレスになるものでもあったのです。

俺を誰だと思ってるのか!!!と言う芸能人もいまして、誰とは言いませんが一般の人には見えない姿があります。

渋谷NHK放送センターの警備員は、アルバイトもしていて、精神的に持たない人も割と多く、人の出入りが多い勤務場所でもあったのです。

ただ、貴重な経験として、働く人々、いろいろな人に出会いました。早稲田で学んでいる学生や、弁護士を目指す慶応大学出身の人、倒産した社長さん。真面目すぎて生徒を殴ってしまい、学校を辞めさせられた先生。海外から出稼ぎに出かけている日本人など、まるで、海賊船に乗っているような話になります。

今から考えると、よくあの過酷な場所で働いていたなぁ・・・と思います。

私の人生は、「集合的無意識」によって「意識」させられたものであり、この話、全ての生命に対して当てはまる話が見えてくるのです。

この文章を拝見されている方も、「集合的無意識」によって「意識」させられている話かもしれません。

つまり、空を飛ぶ鳥、気にならない道端にいる野良猫、「集合的無意識」によって「意識」されている可能性がありますよね。

「集合的無意識」に「アクセス」、「会話」、それは、あらゆる生命との会話を心がけることが、「集合的無意識」に「アクセス」をしている、「集合的無意識」と「会話」をしていると考えることができるのではないでしょうか。

少し、私自身に不思議な出来事がありました。深夜、部屋で寝ていると、ガサガサと言う音が聞こえ、目を覚ましたのです。すると、小さなネズミがいまして、驚き、ドアを開けて出ろ出ろ!!!と心の中で思いました。

普通のネズミであれば、すぐに走って逃げるものでありますが、このネズミはゆっくりとプリプリとお尻を振って出ていたのです。何かに取り憑かれている様子でもありました。

もちろん、人も同じく、反応しない意識しない人よりも意識する人に興味があるものであり、この話について認識していれば、「集合的無意識」から不思議な出来事としてメッセージが現れるかもしれません。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|集合的無意識|に|アクセス|会話|その目的とは、|スピリチュアル|

|集合的無意識|に|アクセス|会話|その目的とは、|スピリチュアル|

|集合的無意識|に|アクセス|会話|その目的とは、|スピリチュアル|

「集合的無意識」に「アクセス」、「会話」、その目的とは、「スピリチュアル」から見る話があります。

人が生まれてくる目的はそれぞれ違うため、絶対的ではない話としての話です。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいてますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も難しい話ではなく、精神的な意味で「子供」です。

つまり、「集合的無意識」からの「意識」される話とは、知識の一つ一つの「気づき」と心の成長である「霊格の成長」の心からの一つ一つの「気づき」に意識される話として挙げられます。

「スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から、徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが社会に対して「二極化」や」「矛盾」、「朝令暮改」として顕在化されやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり、心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりです。

「男性的優位のエネルギー」は、「目に見える物質」、「既存の知識」、「既存の価値観」、「期待性」を求める姿として現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は、「目に見えない心」、「未知の知識」、「新たな価値観」、「意外性」のある姿として現れやすくなります。

「男性的優位のエネルギー」は、知識の一つ一つの「気づき」に価値を求める傾向が現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は、目に見えない心の成長である「霊格の成長」の心からの一つ一つの「気づき」に価値を求める姿が現れやすくなるのです。

現在においては、「女性的優位のエネルギー」はまだ始まりの序章にしか過ぎず、「男性的優位のエネルギー」による価値観に縛られている人々が現れやすくなっています。

少年革命家の「ゆたぼん」は、「女性的優位のエネルギー」による価値観の影響を受けている可能性があり、アンチの人々は既存の知識、既存の価値観で「誹謗中傷」している傾向があるのです。

コメントを見ると、よくあるコメントとして、16歳になれば多くの方が興味を失うコメントがありました。

それは、「男性的優位のエネルギ「ーによる「期待性」、そうなるであろうと言う話でもありますよね。

仮に、「女性的優位のエネルギー」によって守られているとするならば、「意外性」のある姿として現れるかもしれません。

上の図は、「太極図」と呼ばれる陰陽の法則を簡単に表した図です。

もしかすると、この姿が、「集合的無意識」の姿である可能性があり、固まった存在ではなく流動性のある存在、男性に偏る女性に偏る、ぐるぐると回っている意識あるエネルギー体、その姿が「スピリチュアル」から見ると少し見えてきそうになります。

何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

スピリチュアル お勧め!記事

ゆたぼんの性格!今後の未来!スピリチュアル

誹謗中傷の心理!と霊格、スピリチュアル

スピリチュアル!夫婦喧嘩の原因と霊格

スピリチュアルって危険?危険の理由

簡単!ダイエット!痩せる意味は?スピリチュアル

スピリチュアル!離婚をしたい!離婚を考察

黄金の蝶
ダイヤ
外部リンク⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなのが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

f:id:tukishiromia:20220118064402p:plain

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

Twitter 月代

Twitter 月代

 

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ |霊感がある人の共通点とは|

⇒ |江原啓之|コロナの収束とは|

⇒ |毒親をチェックとは|

⇒ |人間関係のストレスとは|

⇒ |スピリチュアルメッセージの能力とは|

 

スピリチュアル 

霊格が高い人とは

霊視 浮気とは

転職の決断 スピリチュアルとは

夫婦喧嘩で仲直りできないとは

2023年の予言 スピリチュアルとは

女性同士の仲が悪いとは

スピリチュアル 本当の意味とは

 

・私が体験した。金縛りの体験談

金縛りの体験談とは

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

 

 

*都道府県別 当たる?霊視

三重で当たる霊視とは

下関で当たる霊視とは

愛媛で当たる霊視とは