次の総理も、厳しい時代!スピリチュアル

・次の総理も、厳しい時代!スピリチュアル

総理」/「スピリチュアル(主.キーワード関連記事)

次の『総理』も、厳しい時代!『スピリチュアル』

次の『総理』も、厳しい時代!『スピリチュアル』から見る話をさせていただきますが、今後、「総裁選」がありまして、その後に「衆議院選挙」があり、明るい希望を求められている国民の方々も多くいらっしゃるでしょう。

この状態、何か、思い出されないでしょうか。それは、「安倍元総理」が辞任した後、「菅総理」が、「総理」になった時の状態です。

追い詰められている状態で、新たな変化としての希望を持つのは、人の心理として、当たり前に、起きれ内容ですが、「スピリチュアル」から見ると、次の「総理」も、厳しい時代が待ち受けている姿も見えてきます。

ただ、「総理大臣」の質の違いによって、この厳しい時代、どれだけ被害を抑えることができるか、その違いは、差として現れてくると思われます。

次の『総理』も、厳しい時代!『スピリチュアル』

次の『総理』も、厳しい時代!『スピリチュアル』

これもただし、「総裁選」の候補者を見ると、二階派VS安倍、麻生派の姿も見えてきまして、どちらに転んでも、旧態以前の価値観が引き継がれる考えもあるでしょうか。

日本の明るい未来は、女性の「高市」さんが、総理大臣になった場合、その組閣、ここが、大きな意味で、キーポイントになってくるかと思われます。

霊能力者の「江原啓之」さんは、コロナが広がる以前に、次の年の傾向として、「破綻と崩壊」を予め発言されていました。

「江原啓之」さんの言葉の中に、コロナの影響は、来年も続く話もされており、「総理大臣」が変わったからといって、社会が変わるわけでもなく、来年は、今年よりも、ひどい年になっている、可能性が、「スピリチュアル」から見えてくるのです。

そろそろ、秋が始まる時期でありまして、この時期ごろに、「江原啓之」さんが、女性自身のサイトで、来年の傾向を発信する場合もあり、その情報も、大切な情報になって来るかもしれません。

ただ、「江原啓之」さん、今年の傾向として、「破滅と地獄の入り口」の話をされており、「破滅」と言う言葉は、「破綻と崩壊」よりも、大きな被害をイメージする言葉でありまして、多くの国民の中で実感されていない状況でもあり、年末までに、何か大きな出来事が現れる可能性も考えられます。

スポンサー

 

次の『総理』も、厳しい時代、『女性的優位のエネルギー』、『スピリチュアル』

次の『総理』も、厳しい時代、『女性的優位のエネルギー』、『スピリチュアル』

次の『総理』も、厳しい時代、『女性的優位のエネルギー』、『スピリチュアル』

次の「総理」も、厳しい時代、「女性的優位のエネルギー」、「スピリチュアル」から見ると、この力が、厳しい時代を生み出す力として働きやすくなります。

スピリチュアル」では、地球上の全体的なエネルギーの質が、「男性的優位のエネルギー」から、徐々に、「女性的優位のエネルギー」に変化している話があるのです。

これは、白黒のスイッチの様に、急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係の様に徐々に変化していく力であり、異性を問わず、地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは、喜怒哀楽の様な「相反するエネルギー」も現れやすく、これが、社会に対し、「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」として現れやすくなるのです。

「菅総理」の、姿、発言がコロコロと変わり、「朝令暮改」の力について、感じさせられるものでもないでしょうか。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり、心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり、心身ともに柔らかくなりやすくなるのです。

物事の変化は、硬いよりも、柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって、変化の激しい時代の始まりになります。

「変化」と言う言葉について、何か、思い当たる内容があると思われないでしょうか。

この話は、あくまでも「スピリチュアル」の話として、「変異株」、変化に意識が高まっていますよね。「ワクチンの安全性」、これにも、変化が現れるかもしれません。

この話の理屈で考えれば、「総理大臣」も、男性から女性に変化する考えもあるでしょうか。

「男性は、過去に生きる」、「女性は未来に生きる」、話がありますよね。

男性は、「理性」に傾きやすく、この「理性」、「過去」の情報を取り出し、現在と照合わせ、最も良い状態を導こうとする働きが現れやすくなるのです。

ただし、悪く働くと、過去の内容に執着する姿も現れやすく、自分の考えに固執する、柔軟な発想力が弱くなりがちになります。

女性は、赤ちゃんは直接、産み、赤ちゃんを「未来」へと育てる意識が、男性よりも強く現れやすく、女性に、未来志向が高まりやすくなるのです。

女性の、喜怒哀楽の感情は、赤ちゃんの感情を読み取る力として発揮しやすく、また、「未来」は変化するものであり、この喜怒哀楽の感情が、「柔軟性」を生み出しまして、変化に対する対応力も、女性の方が適している場合もあります。

つまり、「高市」さんであれば、激しい波の時代、柔軟性の力によって、変化に対する決断力を持つこともできるかと感じます。

ただ、もちろん、「政」治が、荒波に乗る、船だとするならば、そこから落ちてしまう国民もいらっしゃるでしょう。これを、どれだけ防ぐことができるのか、その様な試練が、「政治」に試させられる出来事も現れやすくなります。

スポンサー

 

次の『総理』も、厳しい時代、来年、『壬寅』の年とは、『スピリチュアル』

次の『総理』も、厳しい時代、来年、『壬寅』の年とは、『スピリチュアル』

次の『総理』も、厳しい時代、来年、『壬寅』の年とは、『スピリチュアル』

次の「総理」も、厳しい時代、来年、「壬寅」とは、スピリチュアルから見ると、この話からも、厳しい、時代について見えてきます。

「壬寅」と言う字について、初めて見る人もいらっしゃるでしょう。

これは、東洋思想の、「陰陽」の考えから来ている言葉でありまして、東洋思想の「陰陽」では、全ての出来事が、「陰陽」の気の組み合わせだけで、成り立っていると考えられているのです。

例えば、男と女、晴れと雨、生と死、酸性とアルカリ性、成長と衰退、など、相反する内容を、象徴としてまとめたのが、「陰陽」の漢字でもあるのです。

何が、「陰陽」なのか。全ての出来事が、「陰陽」の気のみで成り立っているため、全ての出来事を、ここに書き留めなければなりません。

よく言われる、代表的な内容が、ウィキペディアに紹介されているため、ご興味がある方は、そちらを参照してください。

「陰陽」の文字だけで表現すると、人には理解できないものでありまして、ある程度組み立てたものを、漢字で表現する特徴があります。

それが、「陰陽五行説」であり、火、水、木、金、土、曜日でも扱われている、漢字です。火と言う箱に、陽陽陰陽陽が入っている様なイメージです。

そして、この五行にも、陰陽を分けた考えがあり、例えば、火の中の陽、火の中の陰、これを、兄と弟に分けまして、火の兄、火の弟、これも、1つの漢字として、まとめたのが、「十干」と呼ばれる、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の漢字です。

「干」の漢字は、少ない、一の陰と、多い、十の陽を現した、「陰陽」の別の形態であり、「干支の動物」は、これも、陰陽の性質を、イメージとして選ばれた動物なのです。

干支の競争の話は、江戸時代に作られた、作り話であり、イメージの方が印象が強く、多くの方が、本来の意味についてご存じではない、方々も多くいらっしゃるでしょう。

「十干」と、「干支の12」を組み合わせた、考えがありまして、60種類あり、還暦と言う言葉は、1周する意味として、ここから、現れた言葉です。

10 × 12で、120だと思われるかもしれませんが、これは、十干の歯車と、干支の12の歯車を順番に組み合わせていく内容であり、十干の方が、先に1周しまして、再び1から順番に組み合わせていくような考えになります。これを繰り返すと、60で、十二支の干支が、全部、組み合わされる考えになります。

今年は、「辛丑」のエネルギーが、地球上に影響与えやすくなる力として働きやすくなります。

辛は、金の弟、この金は、黄金の金ではなく、鉱物を表す硬い陰の強い金であり、さらに、陰に傾く性質が現れやすくなるのです。これは、頑固な石と変わらず、丑は、動物の牛、コツコツと前進する意味合いがありまして、前進することに、石にぶつかる、「前進することが、困難な時代」として現れやすくなるのです。

現に、今年の傾向、その傾向が、あると思われないでしょうか。

そして、来年が、「壬寅」、壬は、水の兄、水の陽、「寅」は、動物の虎をイメージされる方がほとんどだと思いますが、この漢字は、「弓矢を堂々と引いた、象形文字」から来ていまして、その姿が虎のイメージと会うことで、動物の虎が選ばれました。

水の陽、弓矢を堂々と引いた姿、何か思い当たることがないでしょうか。それは、「津波」、来年は、「津波」の様な出来事が現れやすくなる、そして、今年よりも厳しい時代が訪れる可能性があるのです。

霊能力者の「江原啓之」さんは、コロナの出来事に対し、人々の心をさらけ出す、新しい時代に向けて、従来の「価値観」を更地にする話をされていました。

「津波」の後は、そこに、更地が、現れやすくなりますよね。

これが、物理的な、実際の「津波」が来るかどうか分かりませんが、「スピリチュアル」的に考えると、「女性的優位のエネルギー」は、「心」に意識が高まりやすく、従来の価値観の「心」を持ち合わせている、コロナ以前の生活に戻る「価値観」にいる、人々の「心」、それが、「津波」の様に流される、淘汰される可能性について考えられるかもしれません。

次の「総理」も、厳しい時代、「スピリチュアル」から見る話しとして、「総理」だけが、試させられる話ではなく、「衆議院選挙」において、国民の意識が試させられる姿としても見えて来ます。

 

スピリチュアル お勧め!記事

 

⇒ 「人間関係 疲れた」 ・「占い師に離婚すると言われた」 ・「衆議院選挙 自民党惨敗」 ・「Exit 兼近 性格」 ・「よく道を聞かれる」 ・「沖縄のユタ

スポンサー

 
黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール


⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ 「霊感がある人の共通点!霊感がある人は?

⇒ 「江原啓之さん!コロナ終息は先!意味は?

⇒ 「毒親の特徴!チェック!毒親が多い?

⇒ 「人間関係のストレス!原因は?増えている?

⇒ 「スピリチュアルメッセージの能力の開花

 

 

スピリチュアル 裏人気! 一押し記事

 

⇒ 「占い師に離婚すると言われた」 ・「富士山噴火」 ・「夫婦喧嘩 離婚」・「守護霊がいない」・「人間関係 リセット症候群」 ・「霊感が強い

 

電話占い お勧め記事

⇒ 「電話占い 当たる理由」 ・「電話占い 結果が違う 詐欺」 ・「電話占い 対面占い お勧め」 ・「守護霊 会いたい

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒  「金縛りの体験談

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

* 霊視 参考記事 ⇒「何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

* 世の中の仕組み 真実 ⇒ 「そう思う所もあれば、そう思わない所

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒  「札幌 霊視 口コミ」 ・「仙台 霊視 口コミ」 ・「福岡 霊視 口コミ」 ・「名古屋 霊視 口コミ」 ・「大阪 霊視 口コミ