風地火水の時代とは?スピリチュアル

・風地火水の時代とは?スピリチュアル

・|風地火水の時代|スピリチュアル|(主.キーワード関連記事)

|風地火水の時代|とは?|スピリチュアル|

|風地火水の時代|とは?|スピリチュアル|から見る話について、私なりに、少し考えさせられる話として考えさせられます。

「スピリチュアル」では、「地の時代」から「風の時代」に入った話があるのです。

都市伝説を扱ったある動画に、手相占いで有名な「島田秀平」さんが出演されていまして、この話について触れていました。

現在、「地の時代」から「風の時代」に移り始めている時期であり、物事の価値観や考え方を変えなければ時代に取り残される話をされていたのです。

そして、最も良くないのが、地を表すような頑固な人であり、1つの道にしか意識がない人も要注意としての話をされていました。

|風地火水の時代|とは?|スピリチュアル|

|風地火水の時代|とは?|スピリチュアル|

風は目に見えない、目に見えないものに価値が高まってくる話をされていまして、私自身がこのブログで話をしている内容とほぼ一緒であり、話している内容には間違いがありません。

ただ、それが、移行期について2025年までであり、それ以降は急に変わる話をされていたのです。

手相占い師であるため致し方がないかもしれませんが、占い師であればこの話についてご存じではない、少し間違ったものだと感じさせられました。

東洋思想の「陰陽」では、全ての出来事が「陰陽」の気の組み合わせだけで成り立っていると考えられているのです。

「陰陽」とは、「陰陽」と呼ばれるものがあるわけではなく、例えば、男性と女性、晴れと雨、天と地、繁栄と衰退、プラスとマイナスなど、相反する内容を象徴として表したのが陰陽になります。

何が「陰陽」と言えば、世の中の出来事が、全て「陰陽」の気の組み合わせだけで成り立っているため、ここに全ての出来事を紹介しなければなりません。よく言われる「陰陽」については、ウィキペディアで説明されているため興味がある場合はそちらをご参照してください。

「陰陽」の世界では、時計の針のように徐々に変化している話でありまして、急激に変わることではありません。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|風地火水の時代|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|風地火水の時代|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

|風地火水の時代|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

「風地火水の時代」、「女性的優位のエネルギー」、「スピリチュアル」から見ると少し考えさせられる話が考えさせられます。

「スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が、「男性的優位のエネルギー」から徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは、喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが社会に対し「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」、波のような形として顕在化されやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりです。

「男性的優位のエネルギー」は、「目に見える物質」、「既存の知識」、「既存の価値観」、「期待性」を求める姿として現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は、「目に見えない心」、「新たな知識」、「新たな価値観」、「意外性」の姿として現れやすくなります。

「風の時代」と、「女性的優位のエネルギー」は、共通点が割りと多くありまして、「地の時代」と、「男性的優位」のエネルギーの価値観も同じ通じる姿があるのです。

「風地火水の時代」は、それぞれ、200年ごとの周期があります。

前の時代である、「地の時代」については、200年前は、産業革命が現れた頃の時代であり、地から現れる物質的なものに価値が高まる、当てはまる話でもあるでしょう。

その前は、火の時代でもありまして、1600年に、関ヶ原の戦いがあり、世界的に市民革命が現れやすくなった時代でもありました。

火は、暖かい、柔らかい要素、変化として、「女性的優位のエネルギー」について考えられるものではないでしょうか。

そして、その前が、「水の時代」でありまして、「島田秀平」さんは、水には神聖さがあり、宗教的なものが盛んに現れた時代として、「スピリチュアル」的な時代だとおっしゃっていたのです。

私自身、少しここに対して、疑問があるものでありまして、「スピリチュアル」とは心に対して意識が高まるものであり、「陰陽」の考え方からすると、「水の時代」は、「男性的優位のエネルギー」の時代として考えられる事ができる矛盾を感じます。

1400年代、世界的に見ると大航海時代であり、コロンブスがアメリカ大陸を発見したものでもありました。見えない世界を目で追いかける価値観でもありますよね。

日本では、室町時代であり、その前は、執権北条氏が収めていた鎌倉時代でもありまして、割と安定した時代であったのではなかったでしょうか。「男性的優位のエネルギー」による、抑える力についてあったかもしれません。

水の時代は、流れる、広がる意味においても、「男性的優位のエネルギー」の力が広がる姿についてあったのでもないでしょうか。

「火の時代」の、革命は、心に対しての不満であり、「女性的優位のエネルギー」についても見えてきそうです。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|風地火水の時代|から見る、|ガイアの法則|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|風地火水の時代|から見る、|ガイアの法則|スピリチュアル|

|風地火水の時代|から見る、|ガイアの法則|スピリチュアル|

「風地火水の時代」から見る、「ガイアの法則」、「スピリチュアル」から見るとこれについても少しあるかもしれません。

「ガイアの法則」は、「千賀氏」と呼ばれる方が、文明の発祥と言われているシュメール遺跡に足を運んだ際、トランス状態に合い、そこに現れたシュメール神官から話を伺った文明の法則です。

シュメールを起点に、西に対して、物質の文明が現れまして、繁栄の年、約800年を昼の時代と呼び、衰退の年、約800年を夜の時代が現れます。

そして、次に、東に、精神的な文明が現れ、同じように文明が繁栄と衰退し、次に、現れた文明よりも遠い場所で物質的な文明が現れる話です。

特徴的なのは、完全に文明が消えるものではなく、引き継がれる形で新たな姿が現れやすくなります。

例えば、日本の仏教、その中には、古代ヒンズー教の影響を受けているのと同じです。キリスト教も、元を言えば、ユダヤ教から現れたものでもありました。

「風地火水の時代」は、それぞれ200年、全て合わせて800年、「ガイアの法則」にも通じる話として見えてきそうです。

「ガイアの法則」によれば、今までの文明は、アングロサクソン人が作った文明、アメリカとイギリスを中心とした世界であり、それが衰退し、次の中心が精神的な文明としての日本の淡路島に当たる話があります。

私の説明は、最も簡単に説明した話であり、話はもっと複雑でありまして、興味がある場合は以下の動画で確認してみて下さい。

 


www.youtube.com

 

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く、ストレスも現れやすく、存在感を求めるエネルギーが、誹謗中傷、子供の虐待、いじめ、モラハラ、モンスター○○○、毒親、ストーカー、凶悪犯罪など社会に弊害を与える人々も現れやすくなります。

「霊格が低い」人々が多く現れれば、極端な話、この地球上の自然界も崩壊してしまいかねません。

心の成長である「霊格の成長」、心からの一つ一つの「気づき」は、自然界において絶対的な法則でありそれ以外に術がないのです。

「風の時代」は、人々に対して、心からの一つ一つの「気づき」を与え、心の成長を風が上がっていくかのように高める姿が現れやすくなってくるでしょう。

そのことに対して、抵抗する気持ちは、強い抵抗感として現れやすく、前に進むことも困難であり、苦しむ姿として現れやすくなってくるかもしれません。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生 っている?

 

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

スピリチュアル お勧め!記事

⇒ |二極化 風の時代|

⇒ |水子供養 スピリチュアル|

⇒ |ADHD スピリチュアル|

⇒ |夫婦喧嘩 お互い無視|

⇒ |夫婦喧嘩で謝りたくない|

⇒ |ゆたぼん 性格|

黄金の蝶
ダイヤ
外部リンク⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

f:id:tukishiromia:20220118064402p:plain

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ |霊感がある人の特徴|

⇒ |江原啓之|コロナの収束|

⇒ |毒親をチェック|

⇒ |人間関係|ストレス|

⇒ |スピリチュアルメッセージ|

 

スピリチュアル 

⇒ |スピリチュアリズム普及会 批判|

⇒ |HSP スピリチュアル|

⇒ |霊視占いが当たるのか|

⇒ |老害 スピリチュアル|

⇒ |私が見た未来 スピリチュアル|

⇒ |占い師になるには 霊感|

 

 

電話占い お勧め記事 (口コミ 人気 電話占い

⇒ 「電話占い 当たる仕組み」 ・「電話占い 悪い結果」 ・「電話占い チャネリング」 「電話占い 守護霊対話

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒ |金縛りの体験|

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

 

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ |三重で当たる霊視相談|

⇒ |下関で当たる霊視|

⇒ |愛媛で当たる霊視|