妻が宗教から抜け出せない!スピリチュアル

・妻が宗教から抜け出せない!スピリチュアル

・||宗教から抜け出せない|スピリチュアル|(主.キーワード関連記事)

|妻|が|宗教から抜け出せない|!|スピリチュアル|

|妻|が|宗教から抜け出せない|!|スピリチュアル|から見る話について話をさせていただきますが、この話について少し見えてくる姿が見えてきます。

つい最近、「旧統一教会」によって被害に遭い、家庭を壊された夫がある番組に出演されていまして、予定になかった離婚された「妻」の方が「旧統一教会」を擁護する立場として急に映像が流れ、家庭の間柄の事として個人情報だと判断した番組が急遽その映像を流すのを取りやめた出来事がありました。

私自身、この「妻」の発言を全て最初から聞き取ったものではありませんが、私が拝見した映像には既に離婚をしている間柄でありながら口出してくることに対しておかしい様な話をされていた一瞬の動画であります。

|妻|が|宗教から抜け出せない|!|スピリチュアル|

|妻|が|宗教から抜け出せない|!|スピリチュアル|

この夫は、「旧統一教会」のこの行動に対して、怒りを抱え、家庭を壊しておきながらの言葉を強く投げかけていたものでもありました。

詳しく調べてみると、夫の名前は「橋田達郎」さん、現在64歳、単身赴任をしていた約30年前に元妻が「旧統一教会」に入信したとの話です。

「山上容疑者」の家庭と似たような話で、教団に1億円の献金をいたしました。

「橋田達郎」さんは、9年前に離婚をするが、元妻と同居していた長男は2年前に自ら命を絶ったものでもあったのです。

1億円献金できる力があると言う事は、「山上容疑者」と同じく、裕福な家庭でありそこそこの教養を持ち合わせていた家族だったのかもしれません。

www.fnn.jp

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|妻|が|宗教から抜け出せない|男性心理|と|女性心理|の違い、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|妻|が|宗教から抜け出せない|男性心理|と|女性心理|の違い、|スピリチュアル|

|妻|が|宗教から抜け出せない|男性心理|と|女性心理|の違い、|スピリチュアル|

「妻」が「宗教から抜け出せない」、「男性心理」と「女性心理」の違い、「スピリチュアル」から見る姿があります。

男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であれば、この相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのです。

男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい、「目に見える現実世界」に意識が高まりやすくなります。

女性は、意識されるために自分自身の「価値」を高めたい気持ちが、男性以上に現れやすく、意識される自分自身の「心」にも意識が高まりやすくなるのです。

「心」に携わる、恋愛向けの話、女性に向けられている傾向もあり理解と納得がしていただけるものではないでしょうか。

絶対的な話ではありませんが、もしかすると、「橋田達郎」さん、亭主関白的な性格であり、女性の価値を認めるような言葉があまりなかった可能性が考えられます。

また、単身赴任で、「目に見える現実世界」に意識が高まりやすく、家庭を妻に任せきりになっていた可能性もあるでしょう。

男性向けの漫画やドラマ、そこに現れる女性のヒロイン、主人公の男性を意識して喜ぶ描き方が割と多く、男性の中には、昭和の時代の様な男らしい男に対し女性が喜ぶものだと勘違いされている男性の方も割と多くいらっしゃるのです。

「山上容疑者」の家庭でも見受けられる話として、自分自身の価値を高めてくれる「旧統一教会」、自分の存在感を認めてくれる「旧統一教会」、女性心を満たしてくれる「旧統一教会」、「妻」と「旧統一教会」だけに問題がある話ではなく、夫にも問題があった話として考えられる話として挙げられます。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|妻|が|宗教から抜け出せない|存在感|と、|霊格|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|妻|が|宗教から抜け出せない|存在感|と、|霊格|について、|スピリチュアル|

|妻|が|宗教から抜け出せない|存在感|と、|霊格|について、|スピリチュアル|

「妻」が「宗教から抜け出せない」、「存在感」と、「霊格」について、「スピリチュアル」から見る見える姿があります。

心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても、用を足すにしても少なからずそこに「快感」が生じるものであり、人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言されました。

極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができますよね。

「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのです。

「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し「攻撃」、もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなります。

つまり、自分自身の「存在感」が感じられないと、ストレスが現れやすくなり、存在感を求める行動を起こしやすくなるのです。

単身赴任の影響もある中で、子育てに対して存在感が感じられず、「ストレス」が現れ「旧統一教会」に自分の「存在感」を求める行動に走った可能性も考えることができるでしょう。

現在は、価値観の多様性や、「スピリチュアル」などの価値観もあり、自分自身の価値を高める要素もありまして、特に、昭和の時代、この様な「旧統一教会」の信者になる潜在的な環境が現れやすくあったかもしれません。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいてますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野が狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格が高い」と、「能動的」な気持ちが現れやすくありますが、「霊格が低い」と「受け身的」な姿が現れやすくなります。

本来、男性は、心に対して意識が弱くなりがちで、霊格が低くなりやすくありますが、例えば、霊格が高い歴史の人物、ドラマや漫画など、現実世界を意識したい気持ちの中で心からの一つ一つの「気づき」によって「霊格」が高まりやすくなる場合もあるのです。

ちなみに、「霊格」の高さとは、絶対的な高さではなく、あくまでも相対的な話になります。

女性の世界では、愛されたい、幸せになりたい、など、受け身的すぎる女性もいますよね。女性の世界では、「霊格」の幅が男性よりも広くなりやすくあるのです。

また、日本の教育は、知識の一つ一つの「気づき」のみに価値を置く傾向が高く、女性もそれを追いかけさせる傾向があり、全員とは言い切れませんが、「霊格が低い」女性も現れやすくなっています。

この様な話もあるかもしれません。日本は、農耕民族として、他人が気になる、他人の目線が気になる傾向にありますよね。

社会や組織において、自分の立ち位置が気になる人も現れやすく、より価値を高めたい気持ちが現れやすくなる人もいらっしゃるでしょう。

現在は、若者の中で、「女性的優位のエネルギー」によってその傾向が弱まりやすくありますが、昭和の時代はその傾向が強かった可能性についても考えられます。

この様な話もあるでしょうか。裕福な家庭で育った家庭においては、ある程度、叶えたいものを叶えられる生き方であり、そこに卒業が現れ精神的なものを求める中で、お金に対する価値観よりも自分の精神的な価値観に価値を置いてしまう考えです。

女性は、「霊格」が高まれば、意識されたい気持ちが弱まり、意識したい気持ちが現れ、愛と母性の精神に目覚めやすくなります。

これは、赤ちゃんを産み、赤ちゃんを育てるために必要な精神的力になるためです。

よって、逆に言えば、この意識が弱い、「妻」の方、「霊格が低い」姿について見えてくる話でもあるでしょう。

これは、「旧統一教会」の問題の話でありますが、離婚される話の中には、割と、男性が、女性心理について疎い話もよくある話としてあるのです。

「男性心理」と「女性心理」の違いは、小学生でも理解できる簡単な話になります。

されど、現在、男女区別に対して、男女差別としての社会的な風潮もあり、より、男性心理と女性心理の違いについて分からない人々も現れやすく、「旧統一教会」のような家庭の問題などが現れやすくなってるかもしれません。

 

何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生 っている?

 

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

スピリチュアル お勧め!記事

2023年の予言 スピリチュアル

禅 スピリチュアル

パニック障害 スピリチュアル

チャネリング スピリチュアル

家庭崩壊 スピリチュアル

親を選んで生まれてくる スピリチュアル

 

黄金の蝶
ダイヤ
外部リンク⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

f:id:tukishiromia:20220118064402p:plain

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ |霊感がある人の特徴|

⇒ |江原啓之|コロナの収束|

⇒ |毒親をチェック|

⇒ |人間関係|ストレス|

⇒ |スピリチュアルメッセージ|

 

スピリチュアル 

人工知能 スピリチュアル

占い師になるには 霊感

若く見える人 スピリチュアル

ADHD スピリチュアル

チャネリング スピリチュアル

声が出ない スピリチュアル

 

電話占い お勧め記事 (口コミ 人気 電話占い

⇒ 「電話占い 当たる仕組み」 ・「電話占い 悪い結果」 ・「電話占い チャネリング」 「電話占い 守護霊対話

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒ |金縛りの体験|

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

 

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ |三重で当たる霊視相談|

⇒ |下関で当たる霊視|

⇒ |愛媛で当たる霊視|