宗教団体から脱退できない心理

・宗教団体から脱退できない心理

・|宗教団体|脱退|心理|(主.キーワード関連記事)

|宗教団体|から|脱退|できない|心理|

|宗教団体|から|脱退|できない|心理|について、「スピリチュアル」から見ると見えてくる姿があります。

現在、旧統一教会の話が、社会で大きく取り上げられていまして、「安倍元総理」が死去した出来事が大きなショック的な出来事でありましたが、次から次へと自民党の名のある政治家が旧統一教会との繋がりがある出来事に社会が大きく関心を持ち合わせている姿が表れています。

ネット上で、元信者の人の言葉にも表れていまして、「アメーバニュース」なども含めこの情報が現れ始めているのです。

旧統一教会では、脱退した元信者を呼び戻す作戦的な出来事もある話がありました。

確かに、宗教団体から命が狙われると思い込む人もいらっしゃるでしょう。

|宗教団体|から|脱退|できない|心理|

|宗教団体|から|脱退|できない|心理|

旧統一教会かどうか忘れましたが、二世の方の話として、学生時代、信者の方々が通学路で待ち伏せをしていて怖かった話も見受けられます。

「宗教団体」から脱退した方が再び、所属していた「宗教団体」に戻ることもよくあるそうで、フラッシュバック、当時の記憶が蘇ると心理的な話がされているのです。

ja.wikipedia.org

確かに、それらの原因もあるかと思いますが、楽しかった大学を卒業して大学に戻りたいと言う気持ちが現れるでしょうか。

「スピリチュアル」から見ると、違った姿として見えてくる姿があります。

絶対的な話ではありませんが、奥さんが「宗教」にはまってしまい、夫や親族の方々が脱退を求める傾向が高くあるかと思われます。

ネット上では、警察高官の奥さんが、統一教会に入信しまして、高官の部下に霊感商法で様々な物を買わされた話があり、この高官が、メスを入れようとした所、当時、官房長官だった「安倍元総理」に邪魔され、出世できなくなった話がありました。

この高官は、部下に借金を返済したそうで、ここにも、統一教会による不幸な話が見受けられるのです。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|宗教団体|から|脱退|できない|心理|男性心理|と|女性心理|の違い、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|宗教団体|から|脱退|できない|心理|男性心理|と|女性心理|の違い、|スピリチュアル|

|宗教団体|から|脱退|できない|心理|男性心理|と|女性心理|の違い、|スピリチュアル|

「宗教団体」から「脱退」できない「心理」、「男性心理」と「女性心理」の違い、「スピリチュアル」から見るとこの話が「心理」的な話として挙げられます。

「男性心理」と「女性心理」の基本的な違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのです。

男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい、「目に見える現実世界」に意識が高まりやすくなります。

女性は、意識されるために自分自身の「価値」を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の「心」にも意識が高まりやすくなるのです。

「心」に携わる恋愛向けの話、女性に向けられている傾向もあり理解と納得がしていただけるものでもないでしょうか。

「宗教」には、「心」に意識を向ける姿があり、「心」の在り方を高めてくれる姿があるでしょう。

それ自体は、悪い話ではありませんが、「宗教団体」以外の社会において、女性として価値ある姿として意識してくれる姿がない中で、自分の居場所を「宗教団体」に求める働きが現れやすくなるのです。

また、特に日本人の男性は、「女性心理」に対して疎いものであり、男性の、意識されたいよりも意識したい気持ちが強い中で、女性も、同じ心理を抱いていると勘違いされている男性の方も数多くいらっしゃるでしょう。

また、「宗教団体」から脱退させたい場合、脱退がゴールだと思う人々も現れやすく、その後のケア、「存在感」を与える姿がなければ再び「宗教」に求める姿も現れやすくなるのです。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|宗教団体|から|脱退|できない|心理|存在感|と|霊格|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|宗教団体|から|脱退|できない|心理|存在感|と|霊格|について、|スピリチュアル|

|宗教団体|から|脱退|できない|心理|存在感|と|霊格|について、|スピリチュアル|

「宗教団体」から脱退できない「心理」、「存在感」と「霊格」について、「スピリチュアル」から見るとこの働きも見えてくる話として挙げられます。

心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに「快感」が生じるものであり、人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言されました。

極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができますよね。

「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり、命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのです。

「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し「攻撃」、もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなります。

つまり、「宗教団体」から「脱退」した後、自分自身の「存在感」が感じられなければ、それが「ストレス」となり、「ストレス」が生み出すエネルギーによって再び、「宗教団体」に戻る姿も現れやすくなるのです。

「男性心理」と「女性心理」の話に通じる話でありますが、男性は、世の中に意識ができる対象が数多くあり、「男性心理」を満たしやすくありますが、女性は、価値ある姿として意識してくれる人を求める傾向も現れやすく、その後のサポートが大切な話になります。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたいことを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で視野が狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格が高い」と「能動的」な気持ちが現れやすくありますが、「霊格が低い」と「受け身的」に享受されたい気持ちとして現れやすくなります。

一般的に、男性は「心」に対して意識が弱くなりがちであり、「霊格が低く」精神的に「子供」になりがちになりますが、女性は、「心」に対して意識が強く、心からの一つ一つの「気づき」が現れたとするならば「霊格が高い」精神的に「大人」になる力も潜在的に持ち合わせているのです。

女性は、「霊格」が高まれば、精神的に「大人」になり、意識されたい気持ちが弱く、「愛」の精神に目覚めやすくなります。この「愛」とは、人を好きになる「愛」ではなく、心から頭で考えて足を使い精神的に他者を支える精神です。

これは、赤ちゃんを産み、赤ちゃんを育てるために必要な精神的力になります。

ただ、日本の教育は、女性に対しても知識の一つ一つの「気づき」のみだけに価値を与える傾向が強く、全員とは言い切れませんが、女性の中でも「霊格が低い」女性が現れやすくなるのです。

「霊格が低い」と、「宗教団体」から脱退できない姿が現れやすくなります。

ただ、このような考えもあるでしょう。極端に「霊格」が低いければ、心の視野が狭いため、「宗教」に対する価値観そのものに気づきが現れにくくなる話です。

そのため、絶対的な話ではありませんが、裕福な家庭、一般の人よりも高学歴、上昇思考の価値観を子供時代に植え付けられてきた女性に、「宗教団体」から「脱退」できない姿についても見えて来ます。

そもそも、心の成長である「霊格の成長」、心からの「気づき」は、心の成長の変化が生じるものであり、特定の「宗教」の価値観に縛られる姿が弱く、「霊格が高い人」の生き方は、自分が教祖であり同時に信者であり、意識せずとも「自己肯定感」が高い姿が現れやすくなるでしょう。

この話からすると、「自己肯定感」の低い女性が、「宗教団体」に自分の肯定感を求める話についても見えて来そうです。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

黄金の蝶
ダイヤ

 

以下のリンク先は、過去記事からのピックアップ50記事です。興味がある場合は、ぜひ、ご参照してください。

 

  1. |独学|コツ|テクニック|

  2. |人間関係リセット症候群| 恋愛|

  3. |職場|人間関係がうまくいかない|

  4. |人間関係の潔癖症|性格が悪い|

  5. |人間関係の二極化|スピリチュアル|

  6. |人間関係の重要性|メリット|築く意味|

  7. |人間関係がだるい|だるい|

  8. |人間関係 誰ともうまくいかない|

  9. |人間関係のプロ|

  10. |女性の人間関係|悩み|

  11. |人間関係の希薄化|

  12. |人間関係|整理|

  13. |人間関係|1人がいい|

  14. |人間関係がしんどい|

  15. |人間関係が分からない|苦手|

  16. |人間関係|家族がうまくいかない|

  17. |霊感ある人|霊感ない人|違い|

  18. |人間関係が怖い|働けない|ひきこもり|

  19. |人間関係|相性が悪い人|スピリチュアル|

  20. |いじめをなくすための取り組み|

  21. |人間関係の性格|霊視|

  22. |人間関係|恋愛|上手く行く|テクニック|

  23. |よく道を聞かれる| 

  24. |人間関係が分からない|現代人|

  25. |人間関係のイライラ|職場|

  26. |浮気の罪悪感|男女の違い|

  27. |スピリチュアル|離婚をしたい|

  28. |人間関係がなぜ|大切|

  29. |人間関係|めんどくさい|女|と|男|

  30. |霊感|素質|

  31. |人間関係|人づき合い|温度差|

  32. |沖縄のユタ||最強|

  33. |いじめが楽しい|

  34. |スピリチュアル|痩せる意味|

  35. |霊感が強い占い師の特徴|

  36. |スピリチュアル本当か||

  37. |人間関係の整理|スピリチュアル|

  38. |ペットの死|ペットロス|対策|

  39. |浮気 問いただす|浮気を疑う反応|

  40. |沖縄のユタ|占い|

  41. |霊視鑑定|体験談|当たった|

  42. |霊感が強い子供|

  43. |人間関係のストレス|眠れない|

  44. |子育て|イライラする夫|

  45. |断食|霊感|

  46. |沖縄のユタ|たか生まれ|

  47. |霊感のある人の特徴|

  48. |妬み|嫉妬|スピリチュアル|

  49. |芸能人||霊感が強い|霊格|

  50. |占いが当たる根拠|理由|