スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

占い師になるには?占い師になりたい!霊感は?

占い師になるには?占い師になりたい!霊感は?

占い師になるには?占い師になりたい!霊感は?について、私自身過去に霊感占い師として、人の相談に応じていた身でもありまして、私の経験から話をさせていただきたいと思います。このページの文章を、最後まで読まれれば、多少、占い師になるには?占い師になりたい道に近づきやすくなるでしょう。

占い師になるには?占い師になりたい!最も気になるのは、霊感についてではないでしょうか。多くの方が勘違いされており、誰しもが霊感は持ち合わせているのです。この意識に立てば、霊感について飛躍的に高まりやすくなるでしょう。

霊感とは、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力でもあるのです。多くの方がこの認識を持ち合わせておらず、特殊な能力だと思い込んでいる姿もあるのではないでしょうか。

占い師になるには?占い師になりたい!霊感

占い師になるには?占い師になりたい!霊感

そして、占い師になるには?占い師になりたい!この認識を持ち合わせておくのも、最も大切な話になります。

人の脳は、左脳と右脳に分かれており、左脳は、論理的な認識、計算や言葉の組み立て、人々が共通して認識できる働きなど、現実世界に適応力のある働きをする傾向があります。

右脳は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、心に携わる働きが強い傾向にあるのです。そして心の奥底は、全て繋がっていると考えられており、その先は、心の世界である霊的な世界と繋がっている話になります。

つまり、私達は、現実世界と心の世界の、中心に意識があると言っても過言ではなく、どちらかに偏りの違いにおいて、物事の考え方や性格などに違いが現れやすくなるのです。左脳に偏りすぎると、理系よりの考え方になりがちであり、右脳に偏りすぎると、文系的な考え方になりがちになります。

そして、占い師になるには?占い師になりたい!素質として大切なのは、この右脳と左脳のバランスが整った姿を心がけるのが大切な話になるのです。

右脳で霊的なメッセージを受け取り、左脳の力で現実世界にメッセージを伝えなければなりません。現代人は、左脳を強く働かせる教育を強く受けている傾向もあり、文系的な内容に意識を向けるつもりも、占い師になるには?占い師になりたい要素として大切になるのです。

占い師になるには?占い師になりたい!お勧めの本は

占い師になるには?占い師になりたい!本

占い師になるには?占い師になりたい!本

占い師になるには?占い師になりたい!独学で学ぶか教室で学ぶかの話がありますよね。どちらでも良い話ですが、私が個人的に進めるのは、独学で学ぶ方法です。

自分自身で考える力が働きやすくなり、右脳の働きにも良い影響を与えてくれます。教室では、どうしても現実世界に意識が強く働きやすくなり、左脳の力だけに頼ってしまう姿も現れやすくなるでしょう。

そして、占い師になるには?占い師になりたい!お勧めの本は、西洋占い東洋占いに限らず、漫画による話から読んでみる方法をお勧めします。

漫画でしっかりと占いの知識が身に付くの?と思われるかもしれません。漫画はイメージによる認識であり、右脳が働きやすくなりまして、全体の雰囲気をつかむのにも、力を発揮してくれるでしょう。

漫画の話の方が、記憶に残りやすく、何度も覚える必要性がありませんよね。10回ほど読み返せば、ほとんどの内容は覚えられるのではないでしょうか。

そして次に、占い師になるには?占い師になりたい!お勧めの本として、次は逆に、難しく論理的に説明している占いの本になります。

もう既に全体の雰囲気をつかんでいるため、理解しやすく、深く知識を吸収しやすくなります。論理的な説明力は、占い師になるには?占い師になりたい、占いに必要な説明力の力ともなってくれるはずです。

この方法は、地図を見てから現地に足を運ぶ内容に近く、地図が無い中で、足を運ぶと、途中で道が分からず(理解できず)諦めて引き返すのを防いでくれる働きと同じと言っても過言ではありません。

この方法は、タロットカードなどを覚えるのにも効果を発揮しまして、始めはただ、全てのカードの絵を見て、イメージだけを記憶し、イメージが記憶できれば、カードの意味を覚えていくと効率よくカードを覚えやすくなります。

占い師になるには!占い師になりたい!プロの占い師

占い師になるには?プロの占い師!

占い師になるには?プロの占い師!

占い師になるには!占い師になりたい方の中に、一度はプロの占い師に、相談された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

始めは、相談者の方が相談したい内容を言葉数多く話し、心的エネルギーを解放させるのもポイントです。

高次元の存在をも感じ取り、高次元の存在と相談者の心を混ぜるかの様に行い、伝わってくる感覚に誘われる感じで占いを行っていきます。

タロットカードであれば、カードを切る中で、強いブレーキ、これ以上切ると死んでしまうのではないかと思われる感覚でカードを切るのを止めます。

始めは当たらないかもしれませんが、感覚に信頼を置いていると、徐々に当たる確率が高まっていくでしょう。

高次元の存在を感じる方法として、見えない頭の上に高い山を思い浮かべ、集中して頂上を見ている様な感覚、それを維持する、そこに相談者の心を混ぜ合わすと、必要な感覚が降りてくる場合もあるのです。

ちなみに、当たるプロの占い師は、一切、当てようとする気持ちは持ち合わせておりません。伝わってくる感覚に従って占うと、結果的にそれが当たっている話なのです。

先にも言いましたが左脳と右脳の仕組みの話、当てようとする意識は、心を感じる力が弱まってしまい、逆に当たらない力が働きやすくなります。占い師になるには!占い師になりたい!この認識を大切に持ち合わせておかなければなりません。

そして伝える言葉数は、降りてくる感覚に従って話をすれば、良い話ですが、始めは、その感覚について掴みにくい話でもあるでしょう。

相談者よりも、言葉数多く伝えることを心がける気持ちも大切であり、言葉が少ないと、物足りなさを相談者に与えてしまいます。

占い師になるには?占い師になりたい、霊感を強める、霊格を高める方法

占い師になりたい!霊感と霊格の成長

占い師になりたい!霊感と霊格の成長

占い師になるには?占い師になりたい、霊感を強める方法と霊格を高める方法について知っておくのもポイントです。

先に霊格の話として、高次元の存在は、霊格の高い人物を求める傾向があります。霊格が高いとは、他者への愛のある精神であり、人を好きになるのではなく、他者の心を感じ取り、頭で考えて、しっかりと何かしらの行動を取れる人材です。

霊格を高める方法は、知識の成長について、一つ一つの気づきであり、霊格も同じく、心の中での一つ一つの気づきが、霊格を高める力ともなります。

霊格の特徴として、霊格が高まれば、存在力も高まり、創造力も高まり、視野が広がりやすくなる特徴もあるのです。

占い師になるには?占い師になりたい。存在として、相談者にエネルギーを与えなければならず、この気持ちも大切な要素になります。

心の気づきは、教材がないため難しくありますが、自分の内面を教材として、気づきの反対には、疑問に思う気持ちや、悩み事などの気持ちから、気づきが現れる場合もあるでしょう。

心を感じる霊感を強めるには、大前提として、様々な心に意識を向け、そこに価値を置く必要性もあります。

昔の人々は、自然に魂が宿る考え方を持ち合わせており、自然の心に意識を向けるのもお勧めです。例えば、葉っぱの形、誰かが考えた形であり、その誰かの心を葉っぱから感じられる場合もあるのではないでしょうか。

占い師になるには?必要として、霊感が最も大切だと思われがちですが、相談者の心を感じれば、自然と、霊感と霊格は後から付いてきます。

ネットでは、霊感は必要無い話がありますが、この気持を持てばの話であり、相談者は霊感を求めているものでもありまして、この認識を大切にしておかなければなりません。

私からのアドバイスとして、男性は、意識されたいよりも意識したい気持ちが強く、女性は、意識したいよりも意識されたい気持ちが強く、この相反する心情は、磁石の様に働きやすくなり、異なった異性が結ばれやすくなるのです。

男性の、意識されたいよりも意識したい気持ち、世の中には、意識できる対象が数多くあり、男性は、自分の興味がある内容と女性も意識したい、両方の気持ちを持ち合わせています。そして、恋愛の悩みトラブルの多くは、この男性心理と女性心理の基本的な違い、この認識のズレから生じやすくなるのです。

占い師になるには?占い師になりたい、お勧めの情報は

神話が、占い師になるには?占い師になりたいにお勧め!

神話が、占い師になるには?占い師になりたいにお勧め!

占い師になるには?占い師になりたい、お勧めの情報として、違うページでも話をさせていただいていますが、ギリシャ神話や、日本神話、宗教的な話について、目に触れておくのもお勧めとして紹介させていただいています。

神話の話は、様々な心を神格化させた話も割と多く、心を感じる幅も広がりやすくなってくるでしょう。

そして、神話の多くが、人々よりも高い存在であり、高次元の存在についての感覚が感覚的に感じられやすくなるはずです。心を扱った内容であり、そこでの気づきは、自分自身の霊格を高めるきっかけともなってくれます。

これはわざわざ本を購入する必要性はなく、Wikipediaにある、ギリシャ神話や日本神話の話に触れるだけで十分かと思われます。

もう一つお勧めなのが、全ての情報ではありませんが、スピリチュアルを生み出したと言っても過言ではない、シルバーバーチの霊訓、この話が一部、ネット上に公開されていまして、無料で拝見できる話の内容です。

様々な相談者に、対応できるように、できるだけ知識欲を持ち合わせ、様々な内容に目を通す気持ちも持つと良いでしょう。

高次元の存在に認められれば、様々な中で導かれやすくなり、占い師になるには?占い師になりたい道も開けやすくなってきます。

占い師になるには?占い師になりたい、知識を身に付けた中で、多くの方が、相談に応じる環境が無く、そこで挫折をしてしまう人も多くいるのです。

私がお勧めする話としては、喫茶店でアルバイトをして、そこで占い相談を行う、また、ブログやホームページを立ち上げて、自宅や近くの喫茶店で、占い相談を行う方法などもあるのでのはないでしょうか。

茶店のマスターと知人になり、喫茶店で占い相談を行う方法などもあるでしょう。私が話してきた内容について、これを行えば、当たる占い師になるにも夢ではなく、当たる様になれば口コミで広がりやすくなるかと思われます。

そもそもの話として、私自身、霊感占い師になるつもりは全くありませんでした。守護霊対話能力のある霊能力者の方々、様々言われる中で、拒否した日に、自宅を火災に遭わせてしまい、その中で決断して、霊感占い師の道へ歩んだ話でもあるのです。

人には職業を導く、指導霊も存在する話もあり、占い師になるには?占い師になりたいと思われる方、一度、霊視と守護霊対話能力を持つ先生に相談されてみるのもお勧めです。

個人的に、気づいていない内容に、高次元の存在から、気づきを得れる可能性もありまして、自分自身の霊格を高めて、占い師になるには?占い師になりたいに、導きかれやすくなるでしょう。

 

占い師になるには お勧め!関連記事

spiritual7.hatenablog.com

 

霊格 お勧め!関連記事

spiritual7.hatenablog.com

霊感 お勧め!関連記事

spiritual7.hatenablog.com

 

占い師になるには お勧め!外部関連記事

ameblo.jp

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com