スピリチュアルブームが起きる可能性

・スピリチュアルブームが起きる可能性

|スピリチュアル|ブーム|(主.キーワード関連記事)

|スピリチュアルブーム|が起きる可能性

|スピリチュアルブーム|が起きる可能性について、「スピリチュアル」から見ると、少し考えさせられる話として考えさせられます。

過去に、「スピリチュアルブーム」が起きた時期と言うのは、霊能力者の「江原啓之」さんがオーラの泉と言われる番組を行っていた時代であり、芸能人に対して相談に応じる内容でありました。

「霊視」を使っての番組内容であり、多くの方々がその力に対して注目され、中にはヤラセとして批判を受ける姿もあったものでありました。

批判を受けるとは、それだけ注目する意識があるものであり、興味がなければ全く話として話が現れるものでもありませんよね。

|スピリチュアルブーム|が起きる可能性

|スピリチュアルブーム|が起きる可能性

生まれ変わりを信じる中学生が、置かれている環境に嫌気をさし自殺した出来事が社会に大きな話として現れまして、そこから、霊的な内容に対し規制が現れそれ以降「スピリチュアルブーム」が衰退していったものでもありました。

そもそも、仏教にも生まれ変わりや前世の考えがあり、矛盾するものでもないでしょうか。

そのため、日本では、公のテレビの電波を使って、「スピリチュアル」の言葉が肯定的に受け入れられ広がる姿が今後現れにくく、また、「スピリチュアル」と言う言葉が業界内でテレビ局内でのタブー視されている傾向についても現れやすくなっているのです。

私自身は、日本人全員に対して、「スピリチュアル」の価値観に目覚めて欲しい気持ちは全くなく、「スピリチュアル」から見る必然的な話について伝えているだけにしか過ぎず、現在のおいては、悪い意味での「スピリチュアルブーム」が起きる可能性もあり、どちらかと言えば、「スピリチュアルブーム」が起きて欲しくない気持ちの方が高くあるかもしれません。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|スピリチュアルブーム|が起きる可能性について、|女性的優位のエネルギー|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|スピリチュアルブーム|が起きる可能性について、|女性的優位のエネルギー|

|スピリチュアルブーム|が起きる可能性について、|女性的優位のエネルギー|

「スピリチュアルブーム」が起きる可能性について、「女性的優位のエネルギー」から見て見えてくる姿があります。

「スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から、徐々に、「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが、社会に対して「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」、波のような形として顕在化されやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりです。

「男性的優位のエネルギー」は、「目に見える物質」に価値を求める傾向が現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は「目に見えない心」に価値を求める傾向が現れやすくあります。

過去の「スピリチュアルブーム」は、どちらかと言うと、「心」に対して意識が高かったとも言い切れず、どちらかと言えば目に見える姿に価値を求める傾向があったと思われるのです。

昭和の時代の霊的な内容は、よく怖い演出、暗い演出がありました。多くの方がご存知でないと思いますが、霊能力者の「江原啓之」さん、学生時代にそのような番組に出演されたことがあり、演出として全身白い服装で喋り方も低い言葉で、恐怖を煽るような番組に出演されていたことがありました。

「江原啓之」さんが、イギリスに留学し霊的な内容に対し日本と大きく違う出来事に衝撃を受け、イギリスの発想である価値観の「スピリチュアル」を日本に普及させた次第でもあったのです。

「スピリチュアルカウンセラー」として、活動する中で、著名人の中でその話が広がり、霊能力者としての出演依頼があったとしても怖い演出には断るものでもありました。

テレ東だけが、「江原啓之」さんの考えを元にすることを受け入れた中で、深夜に、ネプチューンの「名倉」さんと司会を務めるえぐら開運堂の番組が始まったのです。華やかな姿は、公の中で、ここから現れたものであったかもしれません。

「オーラの泉」に至っては、精神的な意味での「気づき」の大切さを相談者に伝えている傾向があったにも関わらず、全員とは言い切れませんが、視聴者の多くがその力と華やかな姿に意識が奪われていたものであったと思われます。

「スピリチュアル」から見ると、「オーラの泉」が終わったのも必然的でありまして、多くの方々に霊的な力が世の中に存在することを伝えたものでもあったであるでしょう。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|スピリチュアルブーム|が起きる可能性について、|魂の成長|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|スピリチュアルブーム|が起きる可能性について、|魂の成長|

|スピリチュアルブーム|が起きる可能性について、|魂の成長|

「スピリチュアルブーム」が起きる可能性について、「魂の成長」の話が考えさせられる話として考えさせられます。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、ストレスも現れやすく、存在感を求めるエネルギーが誹謗中傷、子供の虐待、いじめ、モラハラ、モンスター○○○、毒親、ストーカー、凶悪犯罪など社会に弊害を与える人々も増やしてしまいかねません。

「霊格が低い」人々が多く現れれば、極端な話、この地球上の自然界も崩壊してしまうのです。

心の成長である「霊格の成長」、心からの一つ一つの「気づき」は自然界での絶対的な法則でありそれ以外に術がありません。

「スピリチュアル」では魂の成長を大切にしている考えがありまして、知識の一つ一つの「気づき」については多くの方が理解できるものであり、心の成長に対して「気づき」が現れにくい「気づき」に対して支えているのが「スピリチュアル」の価値観でもあります。

「女性的優位のエネルギー」は、心の成長である「霊格の成長」を導く力として働きやすくなるのです。

私が考えさせられる考えとは、この話からすると、再び、「スピリチュアルブーム」が訪れる可能性があると思われるかもしれません。

「霊格」の特徴として、「霊格が低い人」から「霊格が高い人」の価値観について心の「気づき」が少ない分、理解できず「霊格が高い人」から「霊格が低い人」に対し精神的に幼い姿として現れやすくなるのです。

私自身が感じさせられる話として、過去の様な「スピリチュアルブーム」が起きるものではなく、「霊格の波長」によって、まるで、マンションの階層の様な波長同士が集まりやすい社会的な構造が現れやすくなるのではないかと考えます。

「安倍元総理」が銃殺によって、死去された出来事がありますが、宗教団体との関わりが深い話があった話でもあり、この出来事によって、霊的な内容を完全に否定する人々が現れやすくなりました。

「スピリチュアル」の価値観である「魂の成長」、心からの一つ一つの「気づき」がより弱まった可能性もあり、より「霊格が低い」人々も現れやすくなったと感じます。

この事件の後、この事件の話ではありませんが霊能力者の「江原啓之」さんがメディアで話をされた内容がYahoo!ニュースに取り上げられ、そのコメントを見ると、霊感商法を行っていないでしょうか、少し見下したコメントがいくつか見受けられたのです。

旧統一教会の話について、信者に対し批判的な言葉を投げかければ、逆に、居場所を失いより教団に対する忠誠心が高まる可能性を懸念する学者の話もあったのです。

「霊格が低い」ため致し方がありませんが、信者に対して強く見下す、誹謗中傷のような言葉を投げかける人も一定数いらっしゃるでしょう。

「スピリチュアル」の源流は、アメリカで生まれた「心霊主義」がイギリスに渡り、そこから「スピリチュアル」の価値観が現れたしました。

そのため、欧米では、「スピリチュアル」の価値観を普通に受け入れている傾向があり、様々な分野で活用されている傾向にあるのです。

日本は島国で、心の視野が狭く、他国の状況について意識できないのが致し方がありませんが、このままでは、「霊格が低い」人々を野放しにする姿も現れやすくなってくるかもしれません。

ただ、「スピリチュアル」から見ると、この話についても必然的である可能性があり、過去の霊能力者である「ルドルフシュタイナー」は、世界のピラミッドの頂点にある日本、日本を征服したものは世界を征服することができる、光の神々と悪魔が日本に集まりやすく争う姿が現れるであろうと言葉を残されているのです。

霊的な存在の世界で、その姿が現れている可能性もあり、「霊格が高い光の神々」、「霊格が低い悪魔」、その姿が顕在化されている姿かもしれません。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

以下のリンク先は、過去記事からのピックアップ50記事です。興味がある場合は、ぜひ、ご参照してください。

 

  1. |感染症分類|2類から5類|スピリチュアル|

  2. |毒親|頭が悪い|

  3. |富士山噴火||スピリチュアル|

  4. |トランスパーソナル心理学|スピリチュアル|

  5. (完全無料)グラフィック講座!完全無料公開!、初心者歓迎

  6. |渋谷NHK放送センター|スピリチュアル|

  7. |地震の前兆|スピリチュアル|

  8. ||ペットロス|スピリチュアル|

  9. |社長|スピリチュアル|

  10. |従来の生活に戻れない|スピリチュアル|

  11. |自意識過剰|スピリチュアル|

  12. |世の中が決まっている|スピリチュアル|

  13. |霊格が低い人々|

  14. |DaiGo|スピリチュアル|

  15. |女性化の男性|スピリチュアル|

  16. |はてなブログ|人気の理由|

  17. |富士山噴火|信じる|スピリチュアル|

  18. |他人と比べる人|スピリチュアル|

  19. |スピリチュアル||否定|

  20. |新たな時代|スピリチュアル|

  21. |ホームレス|生活保護から抜け出せない|

  22. |女性の時代|スピリチュアル|

  23. |離婚と再婚を繰り返す女性|

  24. |毒親|頭が悪い|

  25. |二極化|考え|スピリチュアル|

  26. |日本|自滅|スピリチュアル|

  27. |若者|のコミュニケーションが弱い|

  28. |占い師|霊格|

  29. |価値観の大きな変化|スピリチュアル|

  30. |人間関係で疲れた|スピリチュアル|

  31. |時代の変化|スピリチュアル

  32. |硫酸男|スピリチュアル|

  33. |ゆたぼん|勉強|

  34. |弁財天|スピリチュアル|

  35. |スピリチュアル信じる人|馬鹿|

  36. |二極化|その未来|

  37. |過去の生活に戻れない|スピリチュアル|

  38. |総理|厳しい時代|スピリチュアル|

  39. |コロナ|いつ収束|スピリチュアル|

  40. |ワクチンパスポート|スピリチュアル|

  41. |幽霊|スピリチュアル|

  42. |恋愛|うまくいかない|スピリチュアル|

  43. |興味が沸かない|スピリチュアル|

  44. |地獄|スピリチュアル|

  45. |大阪|日本の中心|

  46. |複合災害|イルミナティカード|

  47. |スピリチュアル|戦争|

  48. |ワクチン拒否|スピリチュアル|

  49. |人が人を叩く心理|

  50. |時代が大きく変わる|スピリチュアル|