宗教で戦争が起きる原因!スピリチュアル

・宗教で戦争が起きる原因!スピリチュアル

・|宗教|戦争|スピリチュアル|(主.キーワード関連記事)

|宗教|で|戦争|が起きる原因!|スピリチュアル|

|宗教|で|戦争|が起きる原因!|スピリチュアル|から見る話をさせていただきますが、Yahoo!ニュースに、「ウクライナ」で、ロシア正教会の下にあるウクライナ正教会の司祭が、そこから独立して現れたウクライナ正教会の司祭を殴る話がありました。

その理由が、新しく独立したウクライナ正教会の司祭が、ある兵士の葬儀において、ロシア正教会の下にあるウクライナ正教会がロシア軍を招き入れている、プーチン大統領を批判する言葉を扱ったため、それを聞いた司祭が不満を抱えていたものでもあったためです。

同じ、正教会であり、同じキリスト教でありながら、これほど対立する姿について、「スピリチュアル」から見ると考えさせられる話でもあります。

旧統一教会も、キリスト教の流れを組んでいるものであり、これほど、価値観に違いが現れたりするのも不思議な話でもありますよね。

この様な話が、Yahoo!ニュースで取り上げられると、「宗教」が「戦争」」を生み出すものであり、「宗教」が人々を不幸にさせるものであり、宗教そのものがなくなってしまった方が良いとのコメントがただただ見受けられます。

|宗教|で|戦争|が起きる原因!|スピリチュアル|

|宗教|で|戦争|が起きる原因!|スピリチュアル|

それはそれで、問題でありまして、「宗教」があったために、同じ価値観を共有する姿が現れ、人々の中で秩序が生まれてきたのも事実として存在するでしょう。

「宗教」がなければ、より、人々の中で疑心暗鬼や不信感が現れ、より争いが起きる可能性があるかと感じられます。

また、「スピリチュア「」的な話になれば、霊的な内容不定する、分からない状況は、亡くなった後、自分自身の死を受け入れることができず、「浮遊霊」や「地縛霊」となって、人々に弊害を与える姿として現れやすくなるはずです。

「宗教」を否定する人に限って、亡くなった後、現実世界に執着する姿が現れやすく、質問に話しかけても声が届かず、この様な人々にこそ「宗教」の必要性について大いにあるのではないでしょうか。

第1次世界大戦以前は、科学の発展によって物質的価値が高まり、現実主義者が現れやすく、第一次世界大戦によって多くの命が浮遊霊となった話がありました。

「高次元の存在」が、霊的な世界に連れ戻すのにとても苦労された話があり、「高次元の存在」と聞くと強制的に連れて帰ることができると思われがちですが、肉体のない心の世界であり、心で優しく言葉で悟らせる必要性があるのです。

頑固な人の考えを変えるのが難しく、精神的に疲れるのと同じでしょう。

「東日本大震災」においては、幽霊の話が割と多くありまして、そのような状況も現れやすくなるでしょう。宗教について拒否する人ほど、幽霊を見ると驚かれるかもしれません。

globe.asahi.com

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|宗教|で|戦争|が起きる原因、|霊格|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|宗教|で|戦争|が起きる原因、|霊格|について、|スピリチュアル|

|宗教|で|戦争|が起きる原因、|霊格|について、|スピリチュアル|

「宗教」で「戦争」が起きる原因、「霊格」について、「スピリチュアル」から見ると見えてくる考えがあります。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く、ストレスも現れやすく、存在感を求めるエネルギーが、誹謗中傷、子供の虐待、いじめ、モラハラ、モンスター○○○、毒親、ストーカー、凶悪犯罪など社会に弊害を与える人々も現れやすくなります。

「霊格が低い」人々が多く現れれば、極端な話、この地球上の自然界も崩壊してしまいかねません。

少なからず、「宗教」には、心からの一つ一つの「気づき」に「気づき」を与える力があり、「宗教」がなければ、すでにこの地球上の自然界は崩壊していた可能性もあります。

日本の食事の作法は、中国に渡っていた僧が持ち帰ってきたものであり、それ以前は、獣のように荒々しい姿でもあったのです。

また、お風呂に入る習慣も僧が日本に広げたものでありまして、「宗教」がなければ、不潔な野蛮人の姿であった可能性もあったのではないでしょうか。

日本の教育は、知識の一つ一つの「気づき」のみに価値を置く傾向が高く、ペーパーテストの点数が高ければ人として価値が高い社会的な風潮もあり、心からの一つ一つの「気づき」が弱く、全員とは言い切れませんが「霊格が低い」人々も現れやすくなっているのです。

心の視野が狭いため、「宗教」がなくなった方が良い、その言葉も必然的な言葉かもしれません。

心からの一つ一つの「気づき」とは、様々な「気づき」がありまして、違った「気づき」によって物事の価値観に違いが現れやすくなる場合もあります。

例えば、仏教において、「密教」は、仏に近づくことを大切にしている考えがあり、俗欲の物質的な欲望を捨て去ることが大切として考える傾向があるのです。

「浄土宗」や「浄土真宗」などは、難しい話はどうでも良い、庶民を救うのが大切との考え方、念仏を唱えれば極楽浄土に旅立つことができる教えになります。

確かな話ではありませんが、達磨大師から現れたとする「禅」の考えは、仏教を開いた「ブッダ」の悟った悟りの大切さがあり、「禅」問答を大切にしていまして、「気づき」に価値を置き、私が価値を置く「スピリチュアル」の心からの一つ一つの「気づき」に近い考え方にあるのです。

カトリックから現れた、プロテスタントは、カトリックの姿に疑問を持った「ルター」が作り出した「宗教」でありまして、免罪符を買えば天国に行ける、ローマ教皇がキリストの後継者である考えに疑問の「気づき」が現れた中での出来事でありました。

「スピリチュアル」から見ると、このような考え方もあるでしょうか。精子と卵子が結びあって1つとなり、卵細胞となってそこから分裂し違った臓器になっていく働きがあります。

1つのもが分裂していく姿、違った価値観になる働き、これと同じく自然界の働きとして見ることができるかもしれません。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|宗教|で|戦争|が起きる原因、|存在感|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|宗教|で|戦争|が起きる原因、|存在感|について、|スピリチュアル|

|宗教|で|戦争|が起きる原因、|存在感|について、|スピリチュアル|

「宗教」で「戦争」が起きる原因、「存在感」について、「スピリチュアル」から見ると客観的な視点から見えてくる姿があります。

心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに「快感」が生じるものであり人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言されました。

極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができますよね。

「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのです。

「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し「攻撃」、もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなります。

Yahoo!ニュースに取り上げられていた司祭どうしの殴り合いについて、ウクライナの独立した方の司祭は、この戦争で「ストレス」を抱え、ロシアに対し攻撃的な気持ちを強く持ち合わせていたことでもあるでしょう。

その話を聞いていた、ロシア正教下にあるウクライナの正教会の司祭、自分自身の「存在感」に傷が入ったものであり、「ストレス」が現れ、攻撃的な気持ちで殴った姿についても見えてきます。

「宗教」で戦争が起きるのは、「宗教」だけの話ではありません。戦争に勝った方には富が現れる場合もあり、それが信仰による恩恵だと思う気持ちも現れやすくなるものではないでしょうか。

逆に奪われた方は、悪魔が行ったと言う気持ちも現れやすく、これが、「宗教」での「戦争」が止められない原因です。

日本では、様々な「宗教」がある中で、それほど、対立しているとも言い切れず、お互い、共存している姿がありますよね。そこには、覇権や利権の争いがある話でもなく、ここが大きな話として挙げられるかもしれません。

私は、信仰している「宗教」はありませんが、「宗教」家の人々の中で、信者の奪い合いにより自分たちの方が正しい争いなどもあるでしょう。

先に、私は、「宗教」が必要な話をさせていただきました。よくよく考えれば、「宗教」は無くなった方が「スピリチュアル」的に良い話についても頭に浮かんで来ます。

心の成長である「霊格の成長」、心からの一つ一つの「気づき」は、自然界において絶対的な法則であり、それ以外に術がありません。

「宗教」は、固まった価値観の箱のようなものであり、その中での「気づき」があったとしても、それ以上高まる姿が現れにくくなってしまいますよね。

「宗教」に、「スピリチュアル」の価値観を取り入れれば、「宗教」の組織そのものが崩壊する可能性もあります。

「宗教」に限らず、戦争が起きる原因、存在感と言うキーワードが見えてくるものではないでしょうか。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

黄金の蝶
ダイヤ

 

以下のリンク先は、過去記事からのピックアップ50記事です。興味がある場合は、ぜひ、ご参照してください。

  1. |日本|国|霊格|

  2. |悪霊|霊格|

  3. |霊格の低い人|

  4. |霊感が強い人|弱い人|違い|

  5. |占い師になるには|増える|

  6. |霊格|勘違い|

  7. |霊格が高い人|気づきにくい|

  8. |霊格の高い人|霊格の低い人|現代人|

  9. |スピリチュアル|霊感|

  10. |霊視|亡くなった人|

  11. |霊格|愛|

  12. |スピリチュアル|覚醒|ふらふら|

  13. |沖縄のユタ|ノロ|違い|

  14. |霊感が強い人|性格|

  15. |霊格が合わない|

  16. |スピリチュアルカウンセラー|特徴|

  17. 亡くなった人|どこにいる|

  18. |スピリチュアル|いじめる|ヤバイやつ|

  19. |占い師になるには|なれる人|なれない人|違い|

  20. |ひどい|いじめ|起きる原因|

  21. |スピリチュアル|気持ち悪い|

  22. |コロナ|占い師|

  23. |沖縄のユタ|本物|

  24. |いじめ|加害者|心理|

  25. |人間関係の断捨離|

  26. |スピリチュアル|本当の目的|

  27. |占い|生まれた時間|

  28. |霊格の高い人|試練|後悔|

  29. |沖縄 ユタ|なるには|

  30. |霊視 亡くなった人|枕元に立つ|

  31. |コロナ|いじめ|

  32. |霊感 強い|疲れ|

  33. |霊視 浮気 確認|

  34. |スピリチュアル|いじめ|きっかけ|

  35. |亡くなった人|探す夢|

  36. 亡くなった人|空から見ている|

  37. |占い|ネコ|

  38. |霊視|亡くなった人|世界|

  39. |霊感占い|当たる仕組||なぜ当たる|

  40. |亡くなった人に会った|

  41. |占い|相性|

  42. |スピリチュアル|覚醒|

  43. |占い師|存在意義|

  44. |スピリチュアル|いじめ|京都|

  45. |当たる占い師に出会う|

  46. |霊視|亡くなった人から見る|

  47. |スピリチュアル|いじめ|眠れない|

  48. 無料占い|当たる|

  49. |霊格|占い|

  50. |人間関係 断捨離|後悔|